トヨタ ヴェルファイア  HYBRID Zの 内装レビュー !【機能性&デザインを画像で紹介!】


スポンサーリンク

常時発光式のメーターを装備

ヴェルファイアHYBRID Zのメーターはハイブリッドモデル専用のデザインと作りとなり、メーター照度コントロール付きのオプティトロンメーターとなります。常時発光式のメーターとなるので、日中でも夜間でも非常に見やすいメーターです。

メーターリングはシルバー加飾となり、ヴェルファイアHYBRIDZはメーター内部がブルー基調のデザインとなります。

ハイブリットモデルはタコメーターの代わりにパワーインジェクターが採用され、ハイブリッドシステムの状況を知りながら走行することができ、運転が楽しくなりそうです。

ナビ画像

ヴェルファイアZ ナビ

ヴェルファイアHYBRID Zでは、ナビはメーカーオプション、またはディーラーオプション扱いとなり、標準ではオーディオレス仕様となります。

メーカーオプションのナビはT-Connect SDナビゲーション+JBLプレミアムサウンドシステムとなり、画面サイズは9.2型の大型のナビとなります。

スピーカーは17スピーカー搭載となります。かなりいい音を聞きながら、ドライブすることが出来そうですね。

なお、メーカーオプションナビは、パノラミックビューモニター付きで、712,800円(税込)、インテリジェントパーキングアシスト2付きで、637,200円(税込)となります。

性能も音響も素晴らしいナビですが、かなり高額なナビゲーションシステムとなりますので、予算との兼ね合いで、ディーラーオプションナビを選択するという方法もあります。

ただし、メーカーオプションナビは、インパネとの一体感があるので、見た目に関しても高級感ある作りとなっています。

まとめ

フロント周りのインテリアに関しては、どこをとってみても高級ミニバンとして問題なく、満足いく仕上がりとなっています。
本革と木目調やシルバーを上手く使用してデザインされており、運転席に座って周りを見渡した時、間違いなく買ってよかったと思うようなモデルだと思います。

ミニバンであるのに、前席のウォークスルー機能を捨て、センターコンソールが用意されているところもまた、高級感を増す作りといえるでしょう。
運転席に座った時の満足感があるミニバンは、なかなかないと思います。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です