【小物の収納スペースが豊富】スペーシアHYBRID Xの収納&荷室レビュー


スズキ スペーシアHYBRID X リア
スーパーハイトワゴンのスペーシアではやはり積載性が気になりますね。カタログでは色々と積み込んでいる様子が載っていますが、実際に使い勝手はどうでしょうか?
シートをスライドさせたり、倒したりしてみて、使い勝手を検証してみました。

スポンサーリンク

荷室の広さ、詰め込みやすさ

スズキスペーシアHYBRID X 荷室
スペーシアは荷室も広いのが売りです。高さも奥行きがあるので、かなりたくさんの荷物を積むことができます。

荷物を積む際に、腰を痛めなくていように、スペーシアの荷室開口地上高は510mmとなります。低くもなく高くもないので、大きな荷物を積む際などには、ちょうどいい高さとなっています。
4人乗車でも後部座席を一番前にしてしまえば、それなりに荷室スペースも広がりますので、4人での小旅行くらいなら、十分に荷物を飲み込めそうですね。

スズキスペーシアHYBRID X フルフラット
大きな荷物を積む際には、後部座席を倒してしまえば広大なスペースが広がります。

後部座席は、荷室側からでも倒したりスライドさせたりすることが出来るので、とても使いやすい印象でした。前に回ったり後ろに戻ったりしなくていいのは助かりますね。

スズキスペーシアHYBRID X 荷室 後部座席 傾斜
後部座席を倒した状態で、荷室スペースがフラットになるのかについてですが、残念ながら、完全なフラットにはなりません。少しだけ傾斜がついた形になるので、ここだけは少し残念ですね。

しかし少し傾斜があるとは言えども、大きな荷物も積むことができます。特に27インチの自転車のタイヤを外さずに積めるのは驚きです。

でも、自転車を積むとなるとバンパーに傷がついてしまいそうですが、その辺はどうなのでしょうか。

スズキスペーシアHYBRID X リアバンパー
これに関しても心配ないですね。スペーシアのリアバンパー上部には、自転車を積む際に便利な積み下ろしをサポートするガイドが設置されています。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です