【スライドアで乗り降りがしやすい!】スズキスペーシアHYBRID Xの快適装備をご紹介


スズキ スペーシアHYBRID X フロントマスク
新型スペーシアは車内の広さだけが売りではありません。乗り降りのしやすさや、スライドドアの使い勝手や、空調など、快適性もかなりこだわりがあります。
様々な快適アイテムについて、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

乗り降りのしやすさはどう?

スズキ スペーシアHYBRID X サイド
スペーシアは低いフロアが特徴です。
リアステップは高さを抑えているので、小さなお子様や年配の方でも楽に乗り降りすることができます。

スライドドア開口幅は600mmもあるので、寝ているお子様を楽にチャイルドシートに座らせることもできます。

スライドドアの開口部の高さも十分に取られているので、腰をかがめることなく乗り降りが可能です。誰に対しても優しい作りとなっているところが特長ですね。

スライドドアばかりに目が行きがちですが、もちろん前席の乗り降りも問題ありません。
スズキスペーシアHYBRID X 運転席
ドアを開けると、後席同様に腰をかがめることなく楽な姿勢で移動することが可能です。
運転席助手席は、ベンチシートとインパネシフトとなっているので、左右どちらのドアからも乗り降り可能です。

スライドドアの使い勝手はどう?

スズキスペーシアHYBRID X スライドドア
スペーシアのスライドドアは、ワンアクションで開閉できる機能があります。
両手がふさがっている状態でも、ドアハンドルのスイッチ一つでスライドドアは自動解錠、自動オープンが可能です。しかもドアは半ドアの位置まで軽く閉めるだけで、ドアを自動で全閉するスライドドアクローザーを搭載します。

HYBRID Xは両側ともワンアクションパワースライドドアとなります。

パワースライドドアは、ドアロックまで待ち時間が気にならないパワースライドドア予約ロック機能というものがあります。

これは、パワースライドドアを閉めている最中に、ドアロックスイッチ押すと、その場を離れても、ドアロックが行われるというもので、その場で待つ必要がありません。「ちょっと待っててねー」ということがなくなりそうですね。

HYBRID Gにはパワースライドドア、スライドドアクローザーもつかないので、スライドドア開閉については全て手動となります。

昔のワンボックスなどでは、一度でドアが確実に締まらない時が多かった記憶ですが、現在の手動スライドドア事情はどうなのでしょうか?

軽くできているかとは思いますが、やはり手動ではちょっとという方はHYBRID Xを選択するしかなさそうですね。
HYBRID Gにはオプションでもパワースライドドアは装着できませんので、注意が必要です。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です