新型スペーシアHYBRID X【試乗して感じた良かった点・悪かった点をご紹介】


スズキ スペーシアHYBRID X サイド

新型スペーシアは、HYBRIDと前面に打ち出しているので、電気だけで走ることもできそうなイメージですが、実際はどうなのでしょうか?
エンジンンとモーターが切り替わりながら走るのか?など、確認してみました。

スポンサーリンク

スペーシアHYBRID Xの走りの特長

スズキ スペーシアHYBRID X 左前
新型スペーシアは、モーターで低燃費をアシストするマイルドハイブリッドを搭載しています。
走りながら貯めた電気で、発進などをアシストする機能です。

特に印象的なのがアイドリングストップからの再発進です。
通常の車だと、キュルルルと音と振動が伴い再始動しますが、モーターの力で再始動するスペーシアはこの音や振動がほとんどありません。

ほんの一瞬だけのモーターアシストですし、変に意識させないようにしているのかもしれないですね。
加速時にもモーターがエンジンをアシストします。

今回のスペーシアから初めて搭載されたパワーモードは、エンジン、CVTの制御変更に加えてモーターアシストを強力にすることにより、坂道や高速道路での合流などでかなり役に立ちます。

パワーモードスイッチを使ってみた感想としては、キックダウンスイッチを押したような印象で、グッと一段力強くなる感じでしたね。

スズキ スペーシアHYBRID X フロントマスク

乗ってみて感じた点としては、軽自動車のわりにと言っては失礼になるんじゃないかと思うくらい良くできた車でした。
足元もバタバタすることもなく、路面からくる衝撃に対しても余裕をもって受け止め、しっかりとサスペンションが働いている感じですね。

コーナーやカーブでも、嫌なロールを感じることもなく、背が高い車であることを忘れてしまいそうです。

エンジンのパワーはどうなのか?についてですが、街中を試乗する分には必要にして十分で、エンジン音は聞こえるものの不快な音ではなく、快適に過ごせます。

フル加速するような状況でも同乗者との会話が聞こえなくなるようなこともなさそうな感じですね。

4人乗車で試したわけでないので正確なことは言えませんが、1人で運転した感じでは、ブレーキの利きも良く、踏み始めからじわーっと強く効いていく感じですね。

踏み心地も嫌な軽さはなく、剛性がありそうなブレーキペダルでした。
軽だからブレーキが弱いというのはもう過去の話なのかもしれないです。

運転には視界も重要ですが、スペーシアはこの点に関しても良くできていました。

全体的に窓が大きいので、見晴らしもよく、座る位置も少し高いので、遠くまで見渡せる感じが素晴らしいですね。

今回新たに採用された、助手席側の下を見るための補助ミラー、これも非常に見やすい作りとなっていました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です