【シートの素材、乗り心地はどう?】トヨタ アルファードHYBRID Xのシートレビュー


スポンサーリンク

シートアレンジはどう?

HYBRID Xのシートアレンジは、7人乗り、8人乗りの両方のモデルともにかなり豊富です。
2列目シートの前後スライド量については、7人乗りで最大830mm、8人乗りで720mmとなります。

7人乗りのシートアレンジについてですが、2列目を一番後ろにスライドさせた状態でくつろぐことが出来るスーパーリラックスモード、2列目と3列目をフラットにするリアシートフルフラットモード、1列目と2列目をフラットにするフロントセカンドフルフラットモード、3列目を跳ね上げ畳む4人乗車+荷室モード、3列目を畳んだ状態で、2列目を一番前にスライドさせる最大積載モードがあります。

次に、8人乗りのシートアレンジについてですが、2列目と3列目をフラットにするリアシートフルフラットモード、1列目と2列目をフラットにするフロントセカンドフルフラットモード、3列目を跳ね上げ畳む5人乗車+荷室モード、3列目を畳んだ状態で、2列目を一番前にスライドさせ、シートをチップアップさせる最大積載モードがあります。

8人乗りの最大積載モードでは、荷室長を最大2025mmにすることが出来るので、長さがあり、大きな荷物を積むことが多い方は、8人乗りの方が使い勝手がいいかもしれないですね。

なお、8人乗りの最大荷室長さですが、ハイブリッドモデルの場合、運転席側は最大1950mmとなります。

まとめ

どこのシートに座っても、快適な移動が出来るアルファード。7人乗りと8人乗りとでは、2列目シートの作りが異なるため、購入検討時に悩むことになりそうです。
荷物を積むことが多い方は8人乗り、そんな大きな荷物を運ぶ機会はあまりないというのであるなら、7人乗り。という選択でも問題ないと思います。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です