【木目調の高級感あるインパネ】トヨタ アルファードHYBRID Xのインパネレビュー


トヨタ アルファード 斜め右
新型アルファードHYBRID Xのインパネ周りの作りについて説明します。
アルファードは高級ミニバンらしく高級感ある作りです。さらに各機能やスイッチ類も使いやすく、運転しやすいという特長もあります。

スポンサーリンク

全グレードに本革ステアリングを採用

トヨタ アルファードHYBRID X ステアリング
ステアリングはグレードによって、素材や作りが異なります。
アルファードHYBRID Xは本革巻きのステアリングとなりますが、Xよりも上級グレードでは本革+木目調などのコンビステアリングの採用となります。

ステアリングには、オーディオ+マルチインフォメーションディスプレイ+音声認識+ハンズフリー+車間距離切替+レーントレーシングアシストなどの機能の操作が可能なステアリングスイッチも装備されます。

ステアリングスイッチはスイッチの配置を覚えてしまえば、目線を外すことなく操作可能なため安全運転にもつながります。

作りの違いはあれど、全グレードで本革ステアリングを採用しているあたり、アルファードが高級ミニバンとして作られていることが分かります。

ウレタンステアリングと違い、本革巻きステアリングは滑りにくく長時間ドライブでも力を入れずステアリングを楽に握ることが出来ます。

メタルブラウン+シルバー塗装で高級感あるインパネ

トヨタ アルファードHYBRID X インパネ
インストルメンタルパネルは、メタルブラウン+シルバー塗装となります。
ブラウンの木目調デザインですので、かなり高級感を感じることが出来ます。

本木目ならばさらに高級感が増しそうですが、コストなどを考えると木目調でも十分に満足できると思います。

トヨタ アルファードHYBRID X シフトノブ
シフトノブに関してですが、6速シーケンシャルシフトマチックを採用し、ゲート式シフトレバーはメタルブラウンウッドとなります。

6速シーケンシャルシフトマチックとは、シフトレバーを前後に動かすことにより、任意のギアに固定し、マニュアルトランスミッションのような動きを実現させることが出来ます。

下り坂などでのエンジンブレーキを使用するときに便利な機能です。

シフトレバー周りはすっきりとしていて、右横に電子パーキングブレーキ、ブレーキホールドなどのスイッチがシンプルにまとめられています。
電子パーキングブレーキは、今まで主流だった足踏み式と違い、シフトレバーをパーキングからドライブやリバースに入れると解除されます。
また、再びパーキングに入れるとパーキングブレーキがONとなりますので、スムースな発進、停止が可能となります。

ブレーキホールドスイッチはONにすると、ブレーキを踏み続けなくても、ブレーキを保持した状態にすることが出来るもので、渋滞や長い信号待ちなどで、ブレーキから足を開放してあげることが出来ます。

トヨタ アルファードHYBRID X ドアトリム
ドア周りの装備や機能についてですが、前席のインサイドドアハンドルはシルバー加飾となります。
フロントドアのドアトリムは合成皮革+シルバー塗装+メタルブラウンウッドとなり、インパネ同様に、高級感ある作りとなっています。

トヨタアルファードの新車見積り
トヨタ アルファードの中古車はこちら
トヨタ アルファードハイブリッドの中古車はこちら

次ページ【 木目調の高級感あるインパネ】トヨタ アルファードHYBRID Xのインパネレビュー 続き


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です