新型アルファードHYBRID Xの外装をチェック!【 マイナーチェンジの変更点は?】


トヨタ アルファード HYBRID X 斜め右
2018年1月8日に発売された新型アルファード。3代目が登場してから初のマイナーチェンジとなります。この記事では、ハイブリッドモデルの最廉価グレードである「HYBRID X」を中心に、新型アルファードの外装の特長についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

フロントマスクがすっきりとしたデザインに変更に

トヨタ アルファード 正面
フロントマスクは、マイナーチェンジ前と比較すると、すっきりとまとめられたデザインだと思います。
マイナーチェンジ前では、巨大なグリルが少し浮いた存在になっていましたが、今回のマイナーチェンジで、グリルとボディおよびバンパーとの一体感が増した形です。

マイナーチェンジ前のアルファード
トヨタ アルファード

グレードによって、グリル周りとフロントバンパーの形状は異なります。
今回の新型アルファードHYBRID X、およびGグレードはより上品な印象で、エアロタイプのSグレードはよりスポーティーな印象のデザインでまとめられています。
グレードによって、バンパー形状含むフロントデザインを変えるとは、アルファードに対するトヨタの本気さが伝わってきますね。

トヨタ アルファード HYBRID X ヘッドライト
ヘッドランプに関しても、少し細めの見た目となり、新たにシーケンシャルターンランプ(左右に流れるウインカー)を採用することにより精悍なイメージとなりました。
なお新型アルファードHYBRID Xでは装備できないので、シーケンシャルターンランプを装備したい場合は、グレード選択の注意が必要です。

LEDヘッドランプについては、グレードによって形状が異なりますが、全グレードで標準装備となります。

へッドランプデザインは、昼間だけでなく夜間の点灯状態でのデザインも考えられて作られているので、夜間に改めて眺めてみるのも格好良さの再認識につながると思います。

トヨタアルファードの新車見積り
トヨタ アルファードの中古車はこちら
トヨタ アルファードハイブリッドの中古車はこちら

次ページ新型アルファードHYBRID Xの外装をチェック!【 マイナーチェンジの変更点は?】 続き

オススメ記事

>>> 新車購入時の注意点|”下取り額から調整します”に騙されるな!

>>> アルファード エグゼクティブラウンジの外装画像【高級ミニバンを徹底チェック?】

>>> 【シートに注目】アルファード エグゼクティブラウンジの内装レビュー

>>> アルファード エグゼクティブラウンジの2列目シート【機能&デザインを徹底チェック】

>>> エグゼクティブラウンジの3列目に不満が・・・アルファードの内装レビュー


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です