【動画あり】スバル XV試乗レビュー!走りの安定性、取り回しのしやすさはどうだった?


スバル新型XV
2017年5月24日に発売されたスバル XVにはスバルグローバルプラットフォームが採用されています。

従来モデルよりも、高剛性、低重心化がされており、振動や揺れが少ないので長時間走行しても疲れにくいクルマです。またカーブでのロールが少ないため、スムーズに曲ることができます。

本日はそんなスバル XVの試乗動画をご紹介します。

スポンサーリンク

振動が少なく、なめらかに加速する

本日はYouTubeに公開されている「Winding Dancer」さんの試乗動画を紹介します。 「Winding Dancer」さんが、試乗しているクルマはスバル XV 2.0i-S EyeSight (CVT/AWD)。

搭載されている2.0ℓ DOHC 直噴エンジンは、振動が少なくて、なめらかに加速する、気持ちよく吹け上がってくれるエンジンだと解説しています。

しかし、パワーステアリングのセッティングに違和感があり、スピードを上げたときに、ハンドルを切ってからクルマのフロントが動き出すまでの間にタイムラグがあり、動きがチグハグしているように感じたそうです。詳細は動画をご覧ください。

私が実際に試乗した際には、加速がスムーズで、ストレスに感じるような揺れや騒音はありませんでした。車体剛性が高い直進安定性に優れたクルマであると思います。

「Winding Dancer」さんの指摘していたステアリングに関しては、スピードを上げたときに素早くハンドルを切ると危険なので、あえてゆっくり動作するようにセッティングされているのではないでしょうか。

スバルXVの新車見積り

スバル XV(スバル)の中古車はこちら

オススメ記事

>>> 新車購入時の注意点|”下取り額から調整します”に騙されるな!

>>> スバル新型XVで車中泊をする事は可能?【シートアレンジを確認してみた】

>>> スバル新型XVとインプレッサスポーツの荷室比較【どっちが使いやすい?】

>>> 新型XV 2.0i-Lの見積もり【人気モデルの乗り出し価格はいくら?】

>>> 【新型XVと日産ジュークを比較】スバルXVの優位性&メリットとは?

>>> 【新型XVとC-HRを比較】スバルXVが劣っていると感じた2つの事

>>> スバル新型XVのラゲッジの荷室容量|旧型よりどれくらい積載量は増えた?


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です