1/22(月)まで開催!トミカ展に行ってきました!


トミカ展
今日は、伊勢丹新宿店本館6階で開催されている「tomica展~夢とあこがれは、世代を超えて~」に行ってきました。

「トミカ」の展示会ということで、子供向けのイベントなのかなと思っていましたが、行ってみてビックリ。日本の名車や旧車のマニアックなコレクションの展示があり、大人も楽しめる展示会だと感じました。

今回の記事ではそんな「tomica展」の 紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

トミカ展を見に行った感想

トミカ展 ブルドーザー

展示会場に入って、まず最初に目に入ってきたのは「土砂を運ぶブルドーザー」。しかし、よく見ると、土砂ではなくコーヒーを運んでいます。こうした風景と「トミカ」を合わせた写真が出迎えてくれました。

トミカ展 コペンハーゲン
トミカ展 クラウン

また遠近感を利用して撮られた「カフェとコペンハーゲン」の写真、「夜景とクラウン」の写真などもありました。

おもちゃと言えどかなり精巧に作られているので、画になりますよね。トミカを購入して、自分でこういった写真を作ってみても楽しいかもしれません。

>>> 新車購入時の注意点|”下取り額から調整します”に騙されるな!

先に進むと、試乗レビュー速報でもご紹介した「ホンダ シビックタイプR」 や、「日産 GT-R」などの名車のトミカが、車種の説明とともに展示されていました。

トミカ展 タイプR
トミカ展 トミカ タイプR
トミカ展 GT-R
トミカ展 日産GT-R トミカ

個人的には、エンジンルームやドアを開閉できるところに感動しました。こうした細かい部分が再現されると、まるで本物のクルマを所有しているようで嬉しいですよね。

こうしたなかなか購入することが難しいスペシャルカーを手に取って眺めることができるのが「トミカ」の魅力ですよね。

今回の展示で最も興味を惹かれたものは、森永卓郎氏の所蔵するコレクションです。所蔵している1,5000台のコレクションのなかから今回は350点以上が展示されていました。

なかでも気になったのは、「日清食品のアドカーセット」。「チキンラーメン」や「どん兵衛」のトミカがあるとは知りませんでした。こうした遊び心がトミカが大人にも刺さる理由なのではないでしょうか?

トミカ展 日清アドカーセット

その他にも、トミカ40周年を記念した純金のトミカや普段見ることがない珍しい車種のトミカがあり、なかなか見ごたえのあるコレクションでした。

トミカ展 純金のトミカ

トミカ展 展示車

日産ブルーバードや、トヨタ2000GTなど懐かしの名車たちのコレクションも充実しています。

トミカ展 懐かしの名車

次ページ1/22(月)まで開催!トミカ展に行ってきました! 続き


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です