【アウトドアでもガンガン使える!】スズキXBEEの収納&荷室レビュー


XBEE リア
今やスズキの軽の中でも中心機種となっている大ヒットモデル「ハスラー」。そのハスラーの兄貴分とも呼べるデザインのコンパクトSUVがこのXBEE(クロスビー)です!

ここでは、荷室や座席周りの収納に目を向けて詳しく書いていきたいと思います。

スズキクロスビーの新車見積り

スポンサーリンク

インパネセンタートレーの使い勝手があまりよくない

まずは運転席の収納から見ていきます。
XBEE 運転席 カップホルダー
運転席のカップホルダーは彫り込み式で、かつスクエアな形状ですので紙パックが置けるのですが、ここはハスラーでは引き出し式ですので、XBEEの方が使い勝手が良さそうです。

XBEE インパネセンタートレー
そしてエアコンパネルの上にあるインパネセンタートレー。これは正直、使い勝手があまりよくありません。
なにしろ、カタログ写真ではスマートフォンを充電しつつ、ここに置いている画像がありますが、この部分のUSBソケットは実はオプションで、標準車にはなにも無いのです(ただのキャップ)。

実際のシガーソケットはその下にありますので、ここに充電プラグを差してインパネセンタートレーにスマートフォンを置くと、エアコンパネルの上をコードが横切ってしまいます(笑)

ただそれをしたくないがためにUSBソケットをこんなに近い位置に増設するのもなんだかなぁ…と思いますので、これはレイアウト上の問題でしょうね。

運転席/助手席ドアにもそれなりの収納はありますが、いたって普通の内容です。ペットボトルホルダーや小物を入れるポケットがあるくらいで、特筆すべきものはありませんでした。

またシフトの横にインパネセンターポケットがあるのですが、これも大きさが中途半端で何を入れればいいのか分からないポケットですので実用性はあまりないです。

>>> 新車購入時の注意点|”下取り額から調整します”に騙されるな!

>>> 【ハスラーとはどう違うの?】スズキXBEEの外装をチェック!

>>> 【細部に遊び心が満載!】スズキXBEEのインパネのデザインと機能性をチェック!

XBEE インパネトレー
助手席に移ると、目の前に大きなインパネトレーがあります。深さはあまり無く、また奥行きもそれほどではないので入れるとすればボックスティッシュくらいでしょうが、ここに鎮座させるのはあまりにも見た目が悪いですね。

DSC05651
センターの足元にもペットボトルホルダー付きのポケットがあり、ここは仕切りが外せるのでゴミ入れにしても良いですね。いっその事実上のインパネセンターポケットとつなげて大きめのマイボトルとかを入れられるようにしても良かったのにと思いました。

助手席の下にはスズキ特有のバケツもといアンダーボックスがあります。これは、その下にあるハイブリッド用のリチウムイオンバッテリーを水等から保護する役目を与えられているものでもあり、これは取り外しが出来る&取手がありますので便利です。濡れたものを手を汚さず持ち出せるのはポイントが高いです。

参考:ハスラーの助手席アンダーボックス

また助手席背面には、MZグレードだけですがシートバックポケットと折りたたみ式のパーソナルテーブルが備わり、テーブルにはペットボトルの丸いものだけにはなりますがドリンクホルダーもキチンとあるので、後部座席に座る人にはとても便利な装備といえますね。

■MZグレードのリアテーブル
XBEE MZ リアテーブル

次ページ【アウトドアでもガンガン使える!】スズキXBEEの収納&荷室レビュー 続き


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です