【ハスラーとはどう違うの?】スズキXBEEの外装をチェック!


XBEE 右前
今やスズキの軽の中でも中心機種となっている大ヒットモデル「ハスラー」。そのハスラーの兄貴分とも呼べるデザインのコンパクトSUVがこのXBEE(クロスビー)です!
一見するとハスラーと相当似ているこのXBEEですが、よーく見てみるとその違いが見えてきます。ここでは、その外装を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

XBEEのフロントマスクの特長は?

XBEE 正面
まずフロントマスク。
外装の中でも、ここが最もハスラーに「近い」部分だと思います。
特にヘッドランプやグリルの形状、バンパーデザインなどは一見するだけでは違いが分からないでしょう。

また各パーツのサイズ感やバランス、グリルとバンパーの間のスリットなどもハスラーと非常に近い形状になっています。

ここもXBEEを知らない人に言わせれば「なんだかハスラーみたいだね」と言われてしまう部分であろうと思います。

XBEE 右前

■ハスラー
ハスラー右前

しかし、ヘッドランプはXBEEの方がよりサイドまで回り込んでいる造形ですし、グリル周辺もかなり丸みを帯びて盛り上がっているようになっており、より立体感を感じさせるデザインとなっているのです。

XBEE ヘッドライト
XBEE フロントグリル

フォグランプを収めるシルバーのバンパーガーニッシュも、ハスラーの長方形的なカタチと比べると、オーバル…つまり断面が楕円の形状をしており、インパネのパイプフレーム的意匠とマッチしているのが分かりますね。

>>> 【細部に遊び心が満載!】スズキXBEEのインパネのデザインと機能性をチェック!

XBEE バンパーガーニッシュ
XBEE インパネ

また、バンパーロアのシルバー部分もハスラーよりかなり張り出しており、軽自動車よりもボリューム感があるデザインです。

「軽自動車」ではサイズの関係で出せないボリューム感、立体感が、「小型車」サイズだからこそ出せたのがXBEEのデザイン。という事になるのではないでしょうか。

>>> 新車購入時の注意点|”下取り額から調整します”に騙されるな!

>>> 【撥水処理がされていて、汚れにくい】スズキXBEEのシートレビュー!

>>> スズキXBEE試乗レビュー【実際に試乗して感じた良かった点・悪かった点をご紹介】

>>> スズキXBEEで車中泊は可能か検証してみました!?

>>> 【アウトドアでもガンガン使える!】スズキXBEEの収納&荷室レビュー

XBEEのサイドデザインの特長は?

では次はサイドを見ていきます。
サイドの形状はフロントと比べてずいぶんハスラーとは違って見えますね。

XBEE サイド

それもそのはず、ハスラーとは大きく違うのが、サイドドア2枚分に取り付けられている大きなドアスプラッシュガードパネルの存在です。

XBEE ドアスプラッシュガードパネル

写真のXBEEでは、ここのドアスプラッシュガードパネルのカラーリングとボディのカラーリング、そしてルーフと分ける事で「3トーンコーディネート」と呼ぶスズキ初のカラー演出を可能としています。

ちなみに、このカラーリングは「ミネラルグレーメタリック3トーンコーディネート」というカラーです。

このドアスプラッシュガードパネルの厚みと、パネルを境にして上下を分割している材料着色のブラック部分が、まずハスラーとは大きく異なるキャラクターラインという事になるでしょう。

そしてもう1つ。ハスラーとのデザインの違いを際立たせるのが、Cピラーとその後部のデザインです。

XBEE ベルトライン形状
XBEEはハスラーとは異なり、Cピラー前方でキックアップするベルトライン形状になっており、またクォーターウインドウと連結する事で、ルーフをフローティング形状としています。ここもハスラーとは大きく異なるポイントです。

また、アルミホイールはスズキの世界戦略コンパクトSUVであるイグニスと共通のようで、16インチのガンメタカラーとなっており、ここも軽自動車のハスラーとは見た目の迫力も違って見えますね。

XBEE アルミホイール

サイドのボリューム感などもやはり、小型車ならではのデザイン造形があってこそ、といえるのではないでしょうか。

スズキクロスビーの新車見積り

次ページ【ハスラーとはどう違うの?】スズキXBEEの外装をチェック! 続き


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です