新型ムーヴカスタムの安全装備をチェック!【スマートアシストⅢはどうだった?】


新型ムーブカスタム 左前
マイナーチェンジでスマートアシストⅢに進化したムーヴカスタム、なくてはならない存在となりつつある、安全装備ですが、ではその安全装備の機能はどうなのでしょうか。説明したいと思います。

ダイハツムーヴの新車見積り

スポンサーリンク

スマートアシストⅢの機能は?

Ⅲに進化したスマートアシストですが、どのような機能があるのでしょうか?
ここではスマートアシストⅢについて説明いたします。

>>> 新車購入時の注意点|”下取り額から調整します”に騙されるな!

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
  • 走行中に前方の車両や歩行者をステレオカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示で知らせます。
    衝突の危険性がさらに高まったとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキを掛けます。

    弱いブレーキが作動している状態でドライバーがブレーキを踏みこむと、ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高めます。
    それでも衝突が避けならないとシステムが判断した場合、強いブレーキで減速し、衝突の回避や被害の軽減を行います。

  • 先行車発進お知らせ機能
  • 信号待ちなどで前の車が発進したことを気づかない時、ブザー音とメーター内表示でお知らせをします。

  • 誤発進抑制制御機能(前方)
  • 前方約4m以内に障害物等があることをステレオカメラが検知している時に、シフトポジションを前進にしたままブレーキペダルと間違えるなどして必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合に、急発進(前方)を抑制します。

  • 誤発進抑制制御機能(後方)
  • 後方約2~3mまでに壁などの障害物があることをソナーセンサーが検知している時に、シフトポジションを後退にしたまま必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合に、急発進(後方)を抑制します。

  • 車線逸脱警報機能
  • 約60㎞/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると警報し、逸脱回避操作を促します。

  • オートハイビーム
  • 対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。先行車や対向車がいない場合はハイビームとなり、遠くまで見通しを確保し、安心感を高めます。

    >>> 新型ムーヴと新型ムーブカスタムデザイン比較【2台の外装の違いは?】

    >>> 【黒を基調としたデザインが上品!】新型ムーヴカスタムのインテリアレビュー

    >>> 新型ムーヴカスタムの人気色はどれだ!?【ディーラーに聞いてみた】

    >>> 新型ムーヴカスタムの収納&荷室レビュー【見た目よりもたくさん積める】

    >>> 新型ムーヴカスタムの乗り出し価格、維持費は?【ムーヴと比較してみた】


    スポンサーリンク

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です