オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXのマイナーチェンジ情報【外装、内装、グレード、価格、広さ、燃費、安全装備についてご紹介】


スポンサーリンク

新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXの新車価格・乗り出し価格は?

それでは、オデッセイのバリエーションの中でも最上級であるアブソリュートEXの新車乗り出し価格についてまとめていきます。

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX 右前

まず、アブソリュートEXは言わずもがな、オデッセイハイブリッドの中で最も上級のグレードになります。その車両本体価格が消費税込415万円。
乗り出し価格はいくらくらいになるかを見てみましょう。

アブソリュートEXの乗り出し価格は?

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX フロントマスク
グレードは、もちろん最上級のアブソリュートEX、カラーは有料色でメーカーオプションはナビ装着用スペシャルパッケージと、センターコンソールボックス+大型アームレスト+AC電源を選択。後はベーシックなフロアマット/ドアバイザー/ライセンスフレームフロント+リアをチョイス。これで約450万円になります。

ナビを9インチのプレミアムインターナビにするとプラス21.6万円、これで乗り出しが約470万円ですね。
諸費用はハイブリッドの低燃費により自動車取得税、自動車重量税が共に0円でしたので、トータルで107,880円程度に収まっています。

やはりハイブリッドの低燃費により自動車取得税、自動車重量税が共に0円なのが非常に大きいです!

ちなみにガソリン車の最上級グレードアブソリュートEXの乗り出し価格はオプションの18インチタイヤ&ホイール(3万円ちょっとで装着できます)、ナビ込で414万円でした。
ガソリン車であるこのアブソリュートEXの自動車取得税は72,300円、自動車重量税は22,500円と、ハイブリッドよりもおよそ95,000円も多く税金を払う必要があります。気量もガソリン車は2.4Lなので自動車税も高いです。

こうして見ると、ハイブリッド車の方が10万円以上も車両本体「以外」のコストを抑えられるという事になり、やはり無駄なお金というワケではないのですが、クルマの中身以外にお金を払いたくないという観点からすれば、ハイブリッド車がお買い得と言えるでしょう。

他社のミニバンと乗り出し価格を比較すると?

参考までにエルグランドは同等価格のグレード(250Highway STAR S White Leather Urban CHROME)は自動車取得税、自動車重量税で約15万円です。

一方ヴェルファイアの同価格帯グレード(HYBRID X)では自動車取得税、自動車重量税が共に0円です。(ここでは、各社最上級ミニバンとしての比較をしています。装備等での同等な比較車種としてではありませんので、ご了承ください)。

価格帯での単純な比較になるとエスティマになるのでしょうが、エスティマはモデルが2006年と古く、その影響なのか全高ではオデッセイよりも高いのに室内高はオデッセイよりも低いとパッケージングで優れているとは言い難いのが現実です。

また、安全装備では(ホンダセンシングとトヨタ・セーフティセンスC)比較にならない(トヨタ・セーフティセンスCでは歩行者検知がまずできない)のでこれは競合とは言えないと思います。

つまり、「最上級グレードで400万円前後のミニバン」となると、競合にならず独壇場とも言えるのがこのオデッセイハイブリッドアブソリュートEXと言えます。

単純に「最上級ミニバン」として比較するのは苦しいですが、やはりメーカーの最上級ミニバンの、かつ最上級のグレードの乗っているという満足感は案外高いもの。それを400万円前後で購入できると考えれば、比較としては安いと言えるでしょう。

ホンダオデッセイの新車見積り

グレードごとの車両価格は?

ではここで、グレードごとの車両価格を見ていきましょう。

ハイブリッドのグレードごとの車両価格は?

ハイブリッドのベース車がHYBRID Honda SENSINGです。価格は7人乗りで3,836,400円、8人乗りで3,750,000円です。

次は上級グレードのHYBRID ABSOLUTE Honda SENSING。価格は7人乗りで3,936,400円、8人乗りで3,850,000円です。

最上級グレードがHYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING。価格は7人乗りのみで4,150,000円です。

最安値のハイブリッドと最上級のABSOLUTE・EXではおよそ40万円程度の価格差がありますね。

ガソリン車のグレードごとの車両価格は?

ベース車がG・AERO Honda SENSINGです。価格は7人乗りが3,066,400円、8人乗りFFが2,980,000円、4WDが3,180,000円です。(ガソリン車のみ4WDの設定があります)

次が上級グレードのABSOLUTE Honda SENSINGです。価格は7人乗りが3,326,400円、8人乗りFFが3,240,000円、4WDが3,440,000円です。

ガソリン車最上級グレードがABSOLUTE・EX Honda SENSINGです。価格は7人乗りFFが3,540,000円、8人乗り4WDが3,653,600円です。

ガソリン車では最安値のGと最上級グレードのABSOLUTE・EXとでは約67万円差と、かなり差が開いてますね。

またガソリン車の最高値グレードの価格と、ハイブリッドの最安値グレードを比べても、約10万円ハイブリッドの最安値の方が高い事になります。やはりそれだけハイブリッドシステムは高価という事なのでしょうか。

>>> 新型ステップワゴンスパーダのハイブリッド車とガソリン車、維持費が安いのはどっち?

アブソリュートEXのローンシュミレーションは?

では、最初に出したハイブリッド アブソリュートEX、カラーは有料色でメーカーオプションはナビ装着用スペシャルパッケージと、センターコンソールボックス+大型アームレスト+AC電源。
後はベーシックなフロアマット/ドアバイザー/ライセンスフレームフロント+リア。
ナビを9インチのプレミアムインターナビにして乗り出しが約470万円の見積もりで、ローンのシミュレーションをしてみましょう。

実質年率3.5%で60回払い(5年)ボーナス加算無し、頭金107,880円にしたら、初回払いが88,221円、残りの59回が83,600円となりました。

これで総支払額が5,020,621円ですね~。500万円の大台を超えてきました!

これを残価設定型クレジットに変えると、実質年率1.9%で60回払い(5年)ボーナス加算無し、頭金107,880円で初回払いが60,324円、残58回が59,300円となりました!やはり残価設定型、月々の支払いが下がりますね。
しかし、最終の支払い=残価が1,386,908円となり、乗り換えか返却か、買い取って乗り続けるかを選択することになります。

まぁ残価設定型は乗り換え/返却の選択前にクルマの状態とか走行距離での負担金が発生するデメリットもありますので、しっかりと確認して自分に合ったプランを選択するのがおすすめです。

ホンダオデッセイの中古車情報はこちら


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です