オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXのマイナーチェンジ情報【外装、内装、グレード、価格、広さ、燃費、安全装備についてご紹介】


スポンサーリンク

【ステップワゴンとどっちが広い!】新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX荷室レビュー

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX 荷室 開放 ミニバンといえば、積載性も気になるところですが、オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXの荷室はどうなのでしょうか? シートを床下に収納できる数少ないミニバンですので、そこも気になります。 では、荷室の使い勝手や積載性について、説明していきます。

通常時の荷室の広さは?

新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX 荷室 3列目シートを立てている状態の荷室は、床下を掘ったような感じで、高さのあるものを積むこともできます。 さすがに7名乗車時の全員の大きな荷物を積むことは難しそうですが、ある程度の大きさの荷物であるなら、どうにか積むことは可能です。 新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX 荷室アップ 床下収納のような形になっているオデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXの荷室は、小さな荷物など、転がっていかないような作りとなっています。

シートアレンジで広さはどう変わる?

3列目まで立てた状態だと、流石に大きな荷物を山ほど積むことが難しいですが、3列目を床下に格納することによって、広大な荷室が現われます。 新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX 3列目収納 荷室 床下収納は荷室もフラットになるので、荷物も積みやすい形状となります。 3列目を横に跳ね上げするタイプのシートと違い、床下収納式は、横方向の邪魔がないので、幅のある荷物を積むことも可能です。 また、高さのある荷物も積むことが出来そうですね。 2列目のシートを一番前にスライドさせることによって、更に長さのある荷物も積むことが出来ます。 オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXは7人乗りのため、2列目を前方にスライドすることしかできませんが、8人乗りグレードだと、2列目の背もたれを前方にたたむこともできます。

ステップワゴンと比べるとどう?

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXとステップワゴンの荷室を比較した場合ですが、幅はオデッセイ、高さはステップワゴンの方が余裕はあります。 ステップワゴンはオデッセイよりも、四角いボディ形状のため、かさばる荷物などは積みやすそうです。 両モデルとも、3列目は床下収納タイプのため、格納下状態ではフラットな床が現れます。 もともと3列目がなかったように見えるほど、綺麗に収納できてしまうのはさすがです。 3列目を収納した場合は、オデッセイの方が長い荷物を積むことが出来るのではないかと思います。 ボディサイズの違いがあるため、オデッセイの方が荷物を積みやすく使いやすい印象ですが、ステップワゴンも同じくホンダのミニバン兄弟です。どちらも甲乙つけがたいほどの使い勝手の良さは感じました。 シートアレンジに関しては、ステップワゴンは3列目が分割式で床下収納できる利点はあります。 ■ステップワゴン 分割式床下収納 ステップワゴン 分割式床下収納 これはステップワゴン独自のワクワクゲートに対応するための物で、オデッセイの3列目は一体式の床下収納となります。

まとめ

3列目まで全てのシートを立てた状態では、3列目後方の床下を使用し意外と荷物が積めるオデッセイです。 3列目を収納した場合は、他の同クラスのミニバンと比較しても、荷室の横幅に余裕があるので、横方法にかさばる荷物でも楽に積むことが出来そうですね。 7人乗車の状態では長旅は難しそうですが、1泊2日くらいの旅であれば、7人でわいわいとドライブを楽しみながら、旅行も可能だろうと思います。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です