オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXのマイナーチェンジ情報【外装、内装、グレード、価格、広さ、燃費、安全装備についてご紹介】


スポンサーリンク

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX内装レビュー①【インパネ周りのデザイン&機能はどう?】

高級ミニバンのように感じられるオデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX、内装もかなり高級感にあふれていまます。 値段相応の装備となっているのか、確認してみました。 オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX 左側 オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXは黒を基調としたカラーでまとめられています。 ところどころシルバーが用いられることで、内装のアクセントにもなっています。 ベージュなどの明るい内装を用いず、黒だけのラインアップですので、ホンダがオデッセイに高級感を与えようとしているのが、よくわかります。

>>> 新車購入時の注意点|”下取り額から調整します”に騙されるな!

インパネ周りの素材はどう?

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXのステアリングは、3本スポークの本革ステアリングとなります。 新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX ステアリング 本革ステアリングは、蒸れにくく滑りにくいので、長時間ステアリングを握る際などに役立つアイテムですね。 新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX インパネ 新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX ドアパネル インストルメントパネル&フロントドアパネルは、黒木目調のデザインとなります。 高級感を表現するのには、木目調は必須アイテムの一つですね。 新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX メーター メーターはハイブリッドモデル専用のブルー照明となり、真ん中に大きなスピードメーターが配置されます。 文字盤はホワイトとなるので、日中も夜間も見やすいデザインとなっています。 黒基調とした全体的に落ち着いたデザインで、大人ぽい感じでまとめられているのが特徴ですね。

インパネ周りの機能はどう?

新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX ナビ 次の装備に関しては、オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXには標準装備となります。 上空から見下ろしたような映像で運転を支援するマルチビューカメラシステム。 バック駐車や縦列駐車のハンドル操作を自動でアシストし、駐車枠も検知するHondaスマートパーキングアシストシステム。 駐車・出庫時などに障害物の接近を知らせてくれるパーキングセンサーシステム。 車庫からバックで出る時左右から近づくクルマをお知らせする後退出庫サポート。 車線変更時などに見えにくい位置にいる車を感知するブラインドスポットインフォーメーション。 これらの装備があることにより、車庫入れや、見通しの悪い道からの合流などがしやすくなります。なお、これらを使用するには、対応したナビゲーションシステムの装着が必須となります。 新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX エアコン オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXのエアコンはトリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーとなります。 運転席の左右と後部座席の3箇所にそれぞれ個別の温度設定をすることができます。 運転者に温度を合わせていると、助手席の人が寒かったり暑かったりすることがあるので、左右独立式は助かりますね。 室内空間が広いミニバンなので、後席にもエアコン温度調整があるのも非常にありがたい装備です。 前席のエアコンパネルは、タッチパネルとなっていますので、汚れもつきにくく、掃除も簡単に出来ます。

まとめ

全体的に、黒を基調とした内装のオデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXですが、インテリア、ドアパネル、メーターやエアコンパネル含めて、高級感あるつくりとなっています。 運転席に座った時に全体を見渡した時の満足感もかなりあります。 大きなサイズですが、車庫入れや、見えづらいところをカバーする装備もありますので、意外と取り回ししやすいのではないでしょうか。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です