オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXのマイナーチェンジ情報【外装、内装、グレード、価格、広さ、燃費、安全装備についてご紹介】


スポンサーリンク

新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXの人気色はどれだ!?【ディーラーに取材してみました】

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXには7色のカラーが設定されています。
7色のカラーについて、説明していきます。

プラチナホワイト・パール

ホンダ オデッセイ アブソリュートEX
パールが入った高級感溢れるホワイトのカラーです。一般的なソリッドのホワイトよりも艶があるような見た目なのが特長です。

メーカーの紹介では、「上品な深みと輝きを感じさせるホワイト」とあります。

なお、プラチナホワイト・パールは通常よりも43,200円高い設定となります。

スーパープラチナ・メタリック

スーパープラチナ・メタリック
高級感のあるシルバーです。シルバーは汚れが目立たないので、洗車をする機会が少ないような方にはオススメです。が、やはりまめに洗ってあげた方が車は喜ぶと思います。
メーカーの紹介では、「こだわりの質感が陰影を生み、フォルムを美しく魅せるシルバー」とあります。

スーパープラチナ・メタリックは通常よりも43,200円高い設定となります。

クリスタルブラック・パール

オデッセイ アブソリュートEX クリスタルブラック・パール
パールが混じったブラックで、ソリッドのブラックと比べるとやはり輝きが異なります。一般的に、どの車でもブラックは一番人気とも言えるカラーです。

メーカーの紹介では、「漆黒にパールがきらめく、ニュアンス豊かなブラック」とあります。

プレミアムヴィーナスブラック・パール

オデッセイ アブソリュートEX プレミアムヴィーナスブラック・パール
若干青みがかったブラックで、こちらにもパールが入っています。黒と青とグレーを混ぜたような感じですね。

このカラーはアブソリュート専用色でもあります。
アブソリュートを購入する人は、このカラーが専用色だと自慢してもいいくらいですね。

メーカーの紹介では、「純金でコートした大粒形ガラスを用いた、迫力のディープカラー」とあります。

プレミアムヴィーナスブラック・パールは、通常よりも43,200円高い設定となります。

コバルトブルー・パール

オデッセイ アブソリュートEX コバルトブルー・パール
明るいブルーのカラーです。なかなか街中ではお目にかかれないオデッセイのカラーですので、人と違う色に乗りたいという方には、うってつけの色ではないでしょうか。
メーカーの紹介では、「華やかさと深みを備え、存在感ある高彩度ブルー」とあります。

プレミアムスパイスパープル・パール

オデッセイ アブソリュートEX プレミアムスパイスパープル・パール
淡いパープルを少し暗くした感じのカラーです。パープルといっても下品な感じは一切なく、上質なカラーとなっています。
非常にオデッセイらしいカラーともいえますね。

メーカーの紹介では、「クリスタルガラスのような硬く精悍で、気高いアメジストカラー」とあります。

プレミアムスパイスパープル・パールは、通常よりも43,200円高い設定となります。

プレミアムディープロッソ・パール

オデッセイ アブソリュートEX プレミアムディープロッソ・パール
大型ミニバンでは珍しい、レッド系統のカラーです。レッドといっても派手な感じは一切なく、落ち着いた深い感じのカラーです。人と違う色に乗りたいけど、コバルトブルー・パールはちょっとね、という方に向いているカラーだと思います。

メーカーの紹介では、「艶やかでありながら、品格をたたえた深紅」とあります。

プレミアムディープロッソ・パールは、通常よりも43,200円高い設定となります。

合計で7色あるオデッセイのカラーですが、そのうち5色が追加料金の特別色というところが、オデッセイは高級ミニバンです。と言われているようなそんな気がします。

白系統、黒系統の人気が高い

筆者の最寄ディーラー数店舗に、オデッセイの人気カラーについて聞いてみました。
やはり、人気があるのは、白系統、黒系統の色ということで、これはどのモデルにも言える共通なことみたいですね。

オデッセイでいうと、プラチナホワイト・パール、クリスタルブラック・パールがそれにあたります。
白や黒が人気であるのは、やはり次の車に買い替える際の、下取りや買取の査定に関係あるようで、白、黒は査定時にプラスにされることも多いと聞きます。

ただし、白、黒は汚れが目立つ色でもありますので、購入後の手入れには気を使いそうですね。
白、黒以外に人気のカラーは?と聞いてみましたが、アブソリュート専用色でもある、プレミアムヴィーナスブラック・パールも人気の色だそうです。

黒よりかは汚れも目立ちませんし、アブソリュート専用色というところも、なんとなく惹かれるところもありますね。

まとめ

落ち着いた暗めの色ばかりかと思いきや、ブルー系統やレッド系統のカラーも用意しているあたりは、他のメーカーのミニバンとは少し違いが出るところですね。

一般的で無難な黒や白のカラー選択も悪くはないですが、売却時の査定なんて気にしない、人と違う車に乗りたいという方には、青や、赤もオススメだと思います。

大型商業施設などの駐車場などで、自分の車を発見しやすいという利点もついてきますよ


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です