オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXのマイナーチェンジ情報【外装、内装、グレード、価格、広さ、燃費、安全装備についてご紹介】


スポンサーリンク

新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXの安全装備をご紹介!

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX フロントマスク
新型オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEXには最新のHonda SENSINGが搭載されています。

各社が競って装備している事故回避システムですが、オデッセイの場合はどうなのでしょうか?各システムの紹介を含め説明していきたいと思います。

全グレードにHonda SENSINGを標準装備

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX サイド
まだまだ衝突安全装置はメーカーオプションとなっているモデルが多い中、オデッセイはグレードに関わらず標準装備となります。
では、衝突安全装置でもあるHonda SENSINGとは一体どのような機能をもったシステムなのでしょうか?

Honda SENSINGには以下の8つの機能が搭載されています。

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追尾機能付きアダプティブクルーズコントロール
  • 車線維持支援システム
  • 先行車発進お知らせ機能、標識認識機能
  • なお、渋滞追尾機能付きアダプティブクルーズコントロールはハイブリッドモデルのみに搭載されます。
    高級装備とはいえ、ガソリン車に装備されなかったのが惜しいところですね。

    アブソリュートEXだけ標準装備に違いが….

    オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX 右側
    アブソリュートEXにはHonda SENSING以外にも安全装備が充実しています。
    マルチビューカメラシステム、Hondaスマートパーキングアシストシステム、パーキングセンサーシステムがアブソリュートEXの専用装備となります。

    ハイブリッド、アブソリュート、アブソリュート(ガソリン)にはメーカーオプションで装着可能となりますが、G・AEROには装着できないので注意が必要です。
    では、各システムの説明についてです。

    マルチビューカメラシステム

      
    上空から見下ろしたような映像で運転を支援します。車の周囲を映像で確認でき、駐車場や見通しの悪い交差点など、状況に応じた映像をナビゲーション画面に映し出します。

    Hondaスマートパーキングアシストシステム

     
    バック駐車や縦列駐車のハンドル操作を自動でアシストし、駐車枠を検知することもできます。
    このシステムを使用することにより、ハンドルが自動で回り、駐車時の運転操作をアシストします。また、カメラにより駐車枠を自動認識しスムーズな操作を実現させています。

    パーキングセンサーシステム

    駐車、出庫時など、障害物の接近を知らせる機能です。
    8つの超音波センサーで周囲の障害物を検知し、対象物までの距離により、音とナビゲーション画面上の表示などを用い注意を促します。

    ボディサイズが大きい部類に入る車ですので、駐車支援システムなどは、かなりありがたい装備といえるでしょうね。

    上記以外にもアブソリュートEXにはブラインドスポットインフォメーションと呼ばれる安全装備があります。
    ブラインドスポットインフォメーションとは、走行中に斜め後ろに車両が存在すると、その方向のドアミラー上のマークが点灯、さらにその方向にウインカーを操作するとマークの点滅と警報音で注意を促す機能です。

    車線変更時など見えにくい位置にいる車を検知することが出来ます。
    この機能、結構役に立ちます。車線変更時にヒヤリとなる場面が確実に減ると思いますが、やはり目視は必ずしてください。

    オデッセイはセーフティ・サポートカーS〈ワイド/ベーシック+〉に該当

    オデッセイ ハイブリッド アブソリュートEX 左側
    オデッセイは、グレードによりますがセーフティ・サポートカーS〈ワイド/ベーシック+〉に該当しています。
    アブソリュートEXはセーフティ・サポートカーS〈ワイド〉、それ以外のグレードはセーフティ・サポートカーS〈ベーシック+〉となります。

    では、最近CMなどでもよく目にするセーフティ・サポートカーSとは一体なんなのでしょうか
    セーフティ・サポートカー(サポカー)とは、高齢者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトのことです。
    セーフティ・サポートカーは、装備している自動ブレーキの機能に応じて以下の4つの区分に分けられます。

    セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉

    自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライト

    セーフティ・サポートカーS〈ベーシック+〉

    自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置

    セーフティ・サポートカーS〈ベーシック〉

    低速自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置

    セーフティ・サポートカー

    自動ブレーキ

    最も装備・機能が充実しているセーフティ・サポートカーS〈ワイド〉となるアブソリュートEXはかなり優秀な部類に入るようですね。

    まとめ

    最近は車のモデルチェンジのごとに、安全運転支援装備なるものがどんどん充実していっていますが、自動運転でもなく、決して楽をするための機能でもないです。
    操作するのはあくまでも人間ですので、このような機能を過信せずに、万が一の時に役に立つ装備と考えて、安全運転で参りましょう。


    スポンサーリンク

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です