新型レガシィアウトバックシートレビュー【シートの座り心地、機能をご紹介】


新型レガシィ アウトバック
2017年9月4日に発売された新型レガシィアウトバック。
この記事ではシートの素材、座り心地、機能についてご紹介します。

スポンサーリンク

大柄だけどフィット感があるシート

P1030985
シート素材はグレードによって異なります。ノーマルグレードではファブリックになりますが、リミテッドでは本革シートになります。
リミテッドのシートカラーはブラックか、アイボリーを選択することが出来ます。

座り心地に関してですが、横の張り出しは嫌な感じはせず丁度良く、フィット感に関しては大柄のシートのわりに、横や縦にずれるようなことはありませんでした。

視線の高さは、一般的な成人男性が座った時にはちょうどよく、前方視界も十分に確保されていると感じました。背もたれの角度も適度でパワーシートのお陰で、細かくシートの背もたれの位置を設定できます。

運転席シートポジションメモリー機能は、リフター、チルト、スライド、リクライニングの各ポジションを計4名分まで記憶させることが出来ます。運転するたびにシートポジションを合わせるのがめんどくさいといった方にオススメの機能です。

大人数人で乗っても広々

P1040001
後部座席の広さに関してですが、広さや空間に関しては文句ないですね。
シート素材は前席と同じく、ファブリックまたは本革ですが、シートの張りや、作りもしっかりしている感じがしました。
座面、背もたれ含めて、硬さもしっかりしていて、沈み込んで疲れてしまうようなことはないですね。

背もたれはリクライニングも可能ですので、楽な姿勢を取ることもできます。
横幅に関しては、大人2人が座るには十分で、大人3人でも耐えられるのではないかというくらい余裕はあります。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です