新型レガシィアウトバック荷室レビュー【荷室の広さ、使い勝手はどう?】


新型レガシィ アウトバック
レガシィ アウトバックは、ワゴンタイプですので、荷室の広さも期待できます。
今回は、荷物の積みやすさや、使い勝手について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

824mm×1175mmの大容量

レガシィ アウトバック 荷室
レガシィ アウトバックの荷室の幅と高さは、荷室高が824mm、荷室開口部最大幅が1175mmです。
高さのある荷物や幅のある荷物も楽に積むことができます。
例えば、9インチのゴルフバックであるなら横に4つ、大型スーツケースも4つ収納できる能力があります。
4人乗車でのゴルフや旅行では困ることはなさそうですね。

荷室の奥行きはシートを倒さない5人乗り状態では1062mm。後部座席を倒した状態では1653mmの長さがあり、かなりの長くて大きいものが収納できる形になっています。
メーカーのホームページまたはカタログでは、170.2cmの釣り竿やフレームサイズ420mmの自転車が積まれている様子も紹介しています。

レガシィ アウトバック 片側だけシートを倒す
またシートアレンジにより、後部座席は片側だけ倒すことができます。後部座席の片側にのみ長い荷物を載せたいという場合に便利です。

車中泊にも向いている

新型レガシィ アウトバック 後部座席を倒したとき
シートを倒せばフルフラットになる形状ですので、車中泊にも向いています。
シートを倒した状態でのフロントシートバックから荷室ボード後端までの数値は1974mm。
工夫をすれば2人横になることも可能になると思います。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です