新型レガシィアウトバックの安全性能レビュー【改良されたアイサイトの性能はどう?】


新型レガシィアウトバックにはアイサイトという運転支援システムが装備されています。
マイナーチェンジにより、アイサイトがver2から、ver3に進化。より安全に関して充実した装備となりました。
この記事ではそのアイサイトについて、説明していきたいと思います。
レガシィ アウトバック 正面

スポンサーリンク

カメラの視野が広がり、安全性能がアップ

アイサイトには以下の機能が装備されています。

プリクラッシュブレーキ

衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意喚起を行います。それでも回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速、停止するシステムです。

前方車両との速度差が50㎞/h以下の場合、衝突回避または被害を軽減する機能があります。

全車速追従機能付クルーズコントロール

クルーズコントロールは前のクルマとの車間距離を維持するシステムです。
自動でブレーキやアクセルを操作し、車間距離を一定に保ちます。
0~120㎞/hの幅広い車速域で機能するので、高速道路を走行中やノロノロ運転が続く渋滞時の疲労を軽減します。

アクティブレーンキープ

高速道路や自動車専用道路での走行時、ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識し、ステアリング操作のアシストを行います。

車線中央維持

約60㎞/h以上で走行している場合、車線中央付近を維持するようにステアリング操作のアシストを行い運転負荷を軽減します。

AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御

駐車スペースから出る時などの、シフトレバーやペダルの誤操作による急な飛び出しを抑制。発進だけでなく、後進も対応しているのが特長です。

後退時自動ブレーキシステム

後退時、車体後部に装着されたソナーセンサーが障害物を検知。衝突の可能性がある場合は、ナビゲーション画面への警告表示と警報音で段階的に注意を喚起します。

回避操作が無い場合は自動的にブレーキをかけ、衝突回避または被害を軽減させます。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です