仕事でも普段使いでも役立つ!新型NV350キャラバン機能&収納レビュー


スポンサーリンク

乗り降りをしやすくする乗降グリップを標準装備

NV350キャラバンはキャブオーバータイプの車のため、前席シートがかなり高い位置にあります。
そのため、乗り降りしやすいように乗降グリップが装備されます。それ以外に、降車用パッドがあり、足元が滑りにくいようになっています。

P1030920
P1030919
ただし、足元が悪いような場所では、乗り降りに注意が必要です。

但し、乗り降りはコツが必要で、慣れるまでは、苦労しそうです。試乗の際、筆者は最後まで乗り降りがうまくできませんでした。
慣れない状態だと、降りる際に、飛び降りる感じになってしまいそうですね。

乗る際にも、よじ登る感じがしますので、乗降グリップを使用したとしても、小柄な女性や、高齢者には向いていないかもしれません。
後部座席の場合は、シートの高さや、ステップの高さも気にならず、スライドドアのため、セダンよりも、乗り降りやしやすそうです。

まとめ

仕事に使われることをメインとして作られた車のため、収納や、書類の置き場所などかなり充実しています。
ただ、ものをしまえて、置けるだけでなく、使いやすく設計されているのも、注目です。
バンだから、荷物が積めればそれでいいだろうというところで終わらずに、車内で事務仕事をすることも可能であるように作られているのが、NV350キャラバンですね。

外での仕事をする人を想定してか、ペットボトルなどの収納箇所やドリンクホルダーも充実しています。
仕事の前に朝、コンビニなどで飲み物を買い込んで、夕方まで買い足さなくても、間に合いそうなくらいの余裕がありますね。
ここまで収納が充実していると、マイカーやファーストカーとして使用するのも、楽しいかもしれません。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です