趣味に仕事にレイアウトが自由!新型NV350キャラバン バン荷室レビュー


スポンサーリンク

天井、壁際などのスペースも有効活用

もともとはバンとして開発されているので、収納や、荷室のスペース以外にも、フックなども多く存在します。
ディーラーオプションでルーフインナーバー(突っ張り棒のようなもの)を装着すると、物掛けとしても使用でき、天井付近までデッドスペースなく、有効活用が可能です。
新型キャラバンNV350 ルーフインナーバー
それ以外にもラゲッジユーティリティナットを色々な箇所に標準装備しており、転がってしまっては困るヘルメットなどを固定できます。

まとめ

荷物を楽にたくさん積み込むことが出来る形状のNV350キャラバンですが、ただ、荷物を積むだけではなく、小物や転がりやすいもの、不安定なものをきちんと固定できるようフックなども充実しています。
仕事でだけで使うのはもったいないくらいの広さなので、アウトドアや、車中泊、レジャーにも持ってこいの車だと思います。
使い方を色々と想像するだけで、わくわくしてしまいますね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です