新型カローラ後部座席比較!【アクシオとフィルダーに違いはある?】


スポンサーリンク

広さはどう?

膝とシートの距離は広い

ボディサイズがそこまで大きくないので、少し後ろの席が狭いと感じるかもしれませんが、平均的な日本人男性が、運転席に座った場合、リアシートは意外と狭くないと感じました。

ひざ前に、こぶしが一つと半分は入るくらいですね。膝とシートの距離は問題ないレベルだと思います。

■新型カローラアクシオ
新型カローラアクシオ ひざとシートの間

■新型カローラフィールダー
新型カローラフィールダー ひざとシートの間
膝とシートの距離が狭いと感じるのは、よほど大柄な男性が座った場合だと思います。しかし、フロントシート下にあまり空間がないため、足を伸ばすと若干きつく感じました。

>>> 新型カローラ収納&荷室レビュー【フィルダーとアクシオを比較してみた】

5人で乗ると狭そう

リアシートの横幅は、大人が二人乗った状態では問題ないです。もともとが5人乗りですので、全部で4人乗車しても、横幅に窮屈感を感じることはないと思います。
しかし、大人数人というか、5人でフル乗車した場合、横幅の余裕は皆無となります。

車検証上は5人乗りですが、余裕を考えるなら、大人4人でのドライブが快適だと思います。

>>> 新型カローラの実燃費は!?【 ガソリン車、ハイブリッド車の実燃費をチェック!】

乗り降りのしやすさはどう?

座席の高さはちょうどいい

カローラの後部座席は乗り降りがしやすいちょうどいい高さでした。
また前席よりも少し高い位置に作られているのか、前方の視界もそれほど、悪く感じませんでした。

アクシオの天井は少し低いかも

ただし、天井はそこまで高くないので、セダンのアクシオの場合、頭がぎりぎり天井につくかつかないかですね。
頭上後方に空間があるフィールダーでは、頭がつくような感じはしませんでした。

やはり後部座席を重視するのであれば、アクシオではなく、フィールダーになりそうです。

W×B、ハイブリッドGのグレードにはスマートエントリーキーを装備

W×B、ハイブリッドGのグレードには鍵を取り出さずに解錠施錠が出来る、スマートエントリーキーが装備されます。

スマートキーをポケットやバッグに携帯しておけば、ドアハンドルのセンサーに触れることで、ドアを施錠、解錠することが出来ます。

>>> 新型カローラは安全性能が抜群!【Toyota Safety Sense Cの性能とは?】

その他グレードにはワイヤレスドアロックリモートコントロールを装備

スマートエントリーキーが装備されないグレードには、車から離れた場所からドアを解錠施錠出来る、ワイヤレスドアロックリモートコントロールが装備されます。
スマートエントリーキーは、ボタンでのエンジン始動が出来ますが、ワイヤレスドアロックリモートコントロールキーは、昔ながらの物理キーを差し込み、捻ってエンジンの始動を行います。

ドアが開けやすくなるロングプルドアハンドルを装備

ドアを中から開けるときには、ロングプルドアハンドルが便利です。

ロングプルドアハンドルは通常のドアハンドルよりも、長くできていますので、力を入れなくてもドアを開けることが出来ます。

この装備は、年配の方だけでなく、女性にもありがたい装備だと思います。
小さいお子さんでも力を入れずにドアを開けることもできるでしょうが、危ないので、小さいお子さんには開けさせないようにするか、チャイルドロックをかけておきましょう。

>>> 新型カローラの乗り心地は?ハイブリッド車に乗った感想

まとめ

新型カローラアクシオ、およびフィールダー、後ろに乗る人のことも十分に考えられて作られた車だと感じました。

足元が特別に広いわけではありませんが、苦と感じてしまうような狭さではなく、ボディサイズを考えれば、よくここまで広くできたものだと感心できたりもします。

どうしても、購入年齢層が高いイメージですが、小さいお子さんがいる家庭でも、十分に使いやすく、乗り降りもしやすいので、ファミリーカーとしても使える素質は十分にあります。

セダン復権の起爆剤となるかは分かりませんが、今後のカローラも目が離せそうにありませんね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です