新型カローラの乗り心地は?ハイブリッド車に乗った感想


新型カローラフィルダー
新型カローラはガソリンエンジン以外に、1.5リッターエンジンを使用したハイブリッドモデルが用意されています。
この記事ではハイブリッドモデルの走り、加速力について解説します。

スポンサーリンク

ハイブリッドの燃費と乗り心地はどう?

新型カローラフィルダー
ガソリンモデルの1.5リッターエンジンは、1.5L 2NR-FKE VVT-iEエンジンを使用します。これに対し、ハイブリッドモデルの1.5リッターエンジンは、ハイブリッドモデル専用の1.5L 1NZ-FXE VVT-iエンジンを使用します。

>>> 新型カローラの実燃費は!?【 ガソリン車、ハイブリッド車の実燃費をチェック!】

燃費はJC08モード燃費34.4㎞/lほど

1.5L 2NR-FKE VVT-iEエンジンでも、かなりの低燃費(JC08モード燃費23.4㎞/l)ですが、ハイブリッドモデルはさらに上をいく、JC08モード燃費34.4㎞/lとなります。

ガソリン車よりも静かで、パワフルな走り

ハイブリッドモデルの特長として低燃費があげられますが、アクシオ、フィールダーともに、売りは低燃費だけでなく、静かさと、重厚感ある乗り心地があげられます。

エンジンが動いてないときはもちろんのこと、エンジンが稼働している状態でも、遮音材がよく効いており、エンジン音が騒音と感じることはほとんど無かったです。

バッテリーや、モーターなどの重量物が、いい方向に作用しており、ガソリンモデルと比べると、しっとりとした落ち着いた乗り心地だとも感じました。

もちろん、1.5リッターエンジン+モーターですので、通常のガソリンエンジンモデルよりも若干パワフルです。

簡単に表現するならば、ガソリン車との違いは、低燃費と静粛性、そしてパワーでしょうか。

>>> 新型カローラは安全性能が抜群!【Toyota Safety Sense Cの性能とは?】

加速力はどう?

フィールダーP1030689
ハイブリッドモデルは、低燃費だけでなく、加速力もかなりあります。

1.5リッターエンジンとは思えないほどの加速力

通常のエンジン+モーターですので、加速が悪いわけないですが、アクセルを踏み込んだ瞬間から、1.5リッターエンジンとは思えないほどの加速力です。

もちろん、プリウスほど遮音性が効いているわけではないので、エンジンががんばっているぞ!という音はしますが、騒音にかんじてしまうような、不快な音ではありません。

>>> 新型カローラ外装レビュー【フロントのデザインに変更点が!】

急な坂道だと、エンジンがうなる感じはしますが、前述したように不快な感じではありませんし、ぐいぐいと坂道を登っていく感じがして、楽しささえ感じてしまいます。

馬力自体は、そこまで目立つ値ではありませんが、エンジンだけで74ps、モーターで61ps、ハイブリットシステム全体で、100psとなります。

単純にエンジンとモーターの馬力を合わせたものが、最高出力とならないところが、複雑で、なおかつ面白いところです。

>>> 新型カローラ運転席&インパネレビュー【 内装は落ち着いたデザイン】


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です