新型カローラは安全性能が抜群!【Toyota Safety Sense Cの性能とは?】


スポンサーリンク

後方確認、視界の広さはどう?

新型カローラフィルダー 斜め前

アクシオ、フィールダーともに、ミニバンほどではないにしろ、意外とアイポイントの高い車です。
そのお陰なのか、視界の広さもかなりあり、前方視界、後方視界ともに良好です。

新型カローラ フィールダー 運転席まわり

前が見づらいなと、思ったことは皆無でした。
視界の高さは、視界の広さや、良好な視界にもつながりますので、重要な部分ですね。

>>> 新型カローラ運転席&インパネレビュー【 内装は落ち着いたデザイン】

左斜め後ろの視界に関しても、問題はなく、特にワゴンタイプのフィールダーに関しては、より見やすいと感じました。
見通しの悪いカーブなどでも、死角はそれほど気にならず、安心してカーブに進入することができます。これは、フロントピラーの形状を細くすることで実現させています。

駐車する際に、今では当たり前の装備の一つでもあるバックカメラが無くても、安全安心に駐車することが出来ました。

前方確認、後方確認のしやすさや、視界に関していえば、まじめで良くできた車だなというのがアクシオ、フィールダーの感想ですね。

>>> 新型カローラの乗り心地は?ハイブリッド車に乗った感想

まとめ

今回のマイナーチェンジで、「Toyota Safety Sense C」が搭載されたカローラ。予防安全システムが、全車標準装備されたことはうれしい限りですね。

サイドエアバック、カーテンエアバックも標準装備されています。

これらの安全装備をオプションでなく、全車標準装備を実現させたことは、トヨタの安全意識の高さをうかがえるものだと思います。

もちろん事故や、危ない場面に遭遇しないに越したことはないですが、万が一のことを考えると、これらの安全安心装備、あると心強いものです。

>>> 新型カローラの実燃費は!?【 ガソリン車、ハイブリッド車の実燃費をチェック!】


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です