新型スイフトスポーツ試乗レビュー!加速、ハンドリングの良さはどう?


スポンサーリンク

狭い道でも取り回しがしやすい!

しっかりとした、ステアリングと、高剛性ボディーのおかげなのか、新型スイフトスポーツはハンドリングに不安定なところはありませんでした。

新型スイフトスポーツ ステアリング

若干重めのステアリングは、頼もしい感じもして、ふらふらと心もとない頼りない軽い感じは皆無でした。

前述したように、足回りも硬いだけでなく、かなりしなやかな動きをするので、ハンドルを切った時にも、車を確実に狙った方向へ導くことが出来ます。

コーナーでも足回りが安定しているので、ハンドリングに不安はなく、グイグイと切っていけるのではないかと思うほどです。

ステアリング自体のレスポンスも問題なく、機敏過ぎず、かといって、もちろんスローな反応ではないので、安心してコーナーを走ることができます。

このハンドリングの反応は、街中でも役立ち、小さなボディーと相まって、小回りが利く車となっています。

小回りが利くということは、車を購入する際、乗り心地以外にも重要な要素の一つで、日常シーンでの使い勝手の良さは、購入を決める条件の一つにもなります。

最小回転半径は5.1mです。標準モデルとの比較した場合についてですが、標準モデルは最小回転半径4.8mとなっています。

スイフトスポーツとの全幅やタイヤサイズの違いからだと思いますが、スイフトスポーツでも十分に小回りの利くモデルとなっています。

>>> 新型スイフトスポーツ外装比較! 標準モデルと違う点は?

>>> 新型スイフトスポーツインパネレビュー比較! 標準モデルよりカッコいい?

走りの安定感もばっちり!

新型スイフト、足回りに関しても、かなり良くできたモデルです。

ただ、硬いだけでなく、しなやかさを兼ねそろえたサスペンションを持ち、日常シーンでも問題なく使用できるレベルです。

試乗レベルでは、スポーツモデルにありがちである、「硬いな」と感じることよりも、骨太でしかもしなやかな足回りだということに大いに感心しました。

前席に座って運転している限りでは、揺れや跳ねもそれほど感じることは無く、揺れが無いおかげで、安定感も抜群です。

新型スイフトスポーツ シート

高速コーナーでもビシッと安定感のあるドライビングが可能です。
揺れに応じて、頭がゆさゆさと振られることもありませんでした。

新型スイフトスポーツには、走る曲がる止まるの基本性能を高めた、軽量高剛性の新プラットフォームHEARTECT(ハーテクト)が採用されます。

このHEARTECT(ハーテクト)を採用することにより、車体剛性を向上させながらも、軽量化を実現し、骨太な走りを実現することが可能となっています。

6MTモデルの場合、970kg、6ATモデルの場合、990kgと、1トンを切る軽量化ボディーの実現も可能となりました。

それでいて、かなりしっかりとしていて、車体剛性の良さは乗っていてはっきりとわかるレベルですので、恐るべしスイフトスポーツ。

>>> 新型スイフトスポーツ運転席レビュー!乗り心地、広さはどう?

>>> 新型スイフトスポーツ後部座席レビュー! 4人で乗ったときの広さはどう?


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です