ソファーや自転車も楽々積める!新型ステップワゴンスパーダの荷室画像レビュー


スポンサーリンク

シートアレンジ次第で、自転車もソファも積める。

新型ステップワゴンスパーダハイブリッド、ミニバンだけあって、積載能力もかなりのものです。
シートアレンジの仕方も自在で、シートアレンジ次第では、自転車もソファーも積むことが出来ます。

スパーダハイブリッドの2列目は、3人まで座れるベンチシートモデルと、一人掛け席が二つあるキャプテンシートモデルがあります。

ベンチシートモデルでも、キャプテンシートモデルでも、自在なシートアレンジが可能です。

■キャプテンシート
P1030437

3列目のマジックシートは床下に収納できるので、横に跳ね上げる必要もなく、左右のでっぱりが無い広々とした空間を作り出すことが可能です。

2列目を一番前にスライドさせることによって、ある程度の大きさのソファーや、26インチの自転車の前輪を外さずに積み込むことができます。

新型ステップワゴンスパーダハイブリッド3列目シート収納

さらに、1列目(助手席)と2列目をリクライングさせることにより、より長い物を積むことも可能です。

ホームページでは、270cmのサーフボードを積んだものが紹介されていました。

このようにシートアレンジは自在で、荷室の広さは問題ありません。

>>> 新型ステップワゴンスパーダ外装画像比較!ハイブリッド車とガソリン車の違いは?

>>> 座席の収納も豊富!新型ステップワゴンスパーダの収納画像レビュー

狭い場所でも荷物が詰め込みやすい。わくわくゲートが便利

ステップワゴンスパーダハイブリッドの売りのひとつとして、わくわくゲートがあります。

新型ステップワゴンスパーダハイブリッド わくわくゲート

わくわくゲートとは荷室の扉を横にも縦にも開くことができる機能です。

扉を縦に開けることができない狭い場所などでも、後ろのドアを横に開けることによって荷物を詰め込むことができます。

さらに、テールゲートが横に開き、入り口となることによって、3列目のシートへのアクセスが簡単におこなえます。

>>> 家族で乗っても車内は広々! 新型ステップワゴンスパーダの内装画像レビュー

>>> ハイブリッドなのに、力強い加速力!新型ステップワゴンスパーダ試乗レビュー

わくわくゲートは内側にも開閉ボタンがありますので、3列目のマジックシートの片側を収納し、中から外に降りることも可能です。

3列目を収納すれば、ベビーカーなども畳まずに楽に積みこむことが出来ます。

大きな荷物を積む必要がある場合は、わくわくゲートを縦に開くことによって、荷物を積み込むことが出来ます。

新型ステップワゴンスパーダハイブリッド わくわくゲート開放

また床が低いので荷物を詰め込みやすくなっています。

>>> 新型ステップワゴンスパーダのハイブリッド車とガソリン車、維持費が安いのはどっち?

>>> ミニバンなのに25.0km/L!?新型ステップワゴンスパーダの燃費を紹介

まとめ

通常は、大人数で移動できるスパーダハイブリッドですが「シートを畳んで荷室を広くする」といった使い方もできます。

特に3列目のマジックシートは他社のライバルとは違い床下に収納できるところが便利ですよね。

このマジックシートと、ステップワゴンスパーダハイブリッド独自のわくわくゲートを組み合わせることによって、狭いところで後ろから乗り降りすることができたり、荷物も詰め込みやすいです。

しかし、複雑な機能をもたせたせいなのか、わくわくゲートを通常のハッチのように、縦に開けようとすると、思いのほか力がいるのも事実です。女性には少し重たいかもしれません。

大きな荷物を積む以外は、横方向に開けることで済むだろうということかもしれませんが、オプションでもいいので、縦に開く用に、自動開閉機構を付けてもよかったかもしれません。

しかし、このわくわくゲート、確かにわくわくしてしまう機能ではありますね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です