ホンダ新型シビック ハッチバックのフルモデルチェンジ最新情報をご紹介。外装、内装、走行性能、荷室、維持費などを試乗してチェック!


スポンサーリンク

後部座席は広い!?新型シビック ハッチバックの居住性チェック!

先代よりも居住性がUP!

新型シビック ハッチバックの後部座席、全長や全幅からだと、かなり広い車内が想像できます。
後部座席の広さ以外にも、シートの質感、など実際にはどうのでしょうか、座って確かめてみました。

新型シビック ハッチバック 後部座席

運転席、助手席同様、ソフトウィーブの素材のシートの質感はかなりいいです。横に滑る感じもしなく、ホールド性もあります。
背もたれの角度も、悪くなく、シートベルトを着用することで、疲労の少ない姿勢で過ごすことが出来ます。

背もたれ自体もかなりしっかりと出来ており、重さもあります。
リアシートを倒す際に、しっかりした作りだなと実感できるほどの、重さもある背もたれです。

新型シビック ハッチバック ドア

左右両ドアに肘置きがありますが、この肘置きもきちんとした生地が貼ってあり、高級感を出す演出がなされています。
肘置きとしても、滑りづらい素材なので、リラックスできそうです。

左右ドアにはリアドアポケットが設けてあり、ペットボトル等を入れることもできる、ボトルホルダーとしても使用できます。

リアの左右(センターピラー)には、コートフックも用意されており、コートを置く場所にも困ることはなさそうです。

リアシートには、3名分の3点式シートベルトと、ヘッドレストが装備されます。
左右のヘッドレストは上下に高さ調整可能ですが、真ん中のヘッドレストのみ、固定式となります。

新型シビック ハッチバック センターアームレストのドリンクホルダー

リアシートのドリンクホルダーはセンターアームレスト内部に二つ用意されており、アームレストを引き出すとドリンクホルダーは仕様可能となります。

足元はかなり広い

新型シビック ハッチバックは全長が4520mmと、ハッチバックタイプのわりに長いので、後席の足元もかなり空間があります。
足先に関しては、前席シート下部に入れることが出来、足先の窮屈感はほとんどありませんでした。

新型シビック ハッチバック 前席シート下部

足元の空間も前後左右ともに、かなり余裕があります。
膝とシートの距離もうまくとられており、ひざ前には、こぶし3つは余裕で入る空間です。

全長とともに、ホイールベースもかなり長くとってあり(ホイールベースは2,700mm)、室内長の長さはかなり大きく、居住空間にも余裕があります。

他社の同ボディサイズのハッチバックと比較しても、全長、ホイールベース、室内長ともに、長いので、足元や足先の空間は余裕があり、長時間移動でもストレスになることはなさそうです。
ここまでひざ周りが快適なモデルはそうは無いと思います。

大人の男性には、ちょっときつい頭上空間

全高1,435mmと、そこまで全高が高くとられていないシビックハッチバック、リアシートの乗り降りのしやすさや、座った時の高さについて、確認してみました。
全高がそこまで高くないモデルにしては、シート位置の高さのおかげか、乗り降りがしにくいと感じたことはありませんでした。

ミニバンとかではなく、極々普通のハッチバックタイプとしては、頭をそこまで傾げる必要もなく、乗り降りしやすい感じですね。
座った時、背もたれに体を預けた時に、気になる点が一点ありました。

頭上空間の高さですね。
172cmの筆者だと、頭が天井に当たります。

リアハッチの傾斜がかなりあるデザインのせいだと思いますが、大人の男性には、ちょっときつい頭上空間です。
足元や、ひざ周り、左右の空間に問題なく、乗り降りもしやすいモデルだけに、残念な点です。

今流行の4ドアクーペタイプのセダンのリアシートと同じ感覚でしょうか。
ここだけとると、シビックハッチバックは純粋なハッチバックではなく、クーペハッチバックなのではと、思ってしまいます。

大人の使用はそこまで想定していないのでしょうか。
それとも、比較的座高の高い、私の体形のせいでしょうかね。

他社の同ボディサイズのハッチバックと比較して、劣るのは、頭上空間だけで、他の点に関しては、他社の同ボディサイズのハッチバックと比較しても、劣るどころか勝っていると感じた、シビックハッチバックでした。

絶対的なボディの大きさからくる車内空間のゆとりが新型シビック ハッチバックにはあります。
全長4,520mmのわりに、リアシートの足元空間にゆとりがあるのも素晴らしい点です。それだけに、リアシートの頭上空間のゆとりがもう少しあればと、悔やまれます。

前述したように、クーペハッチバックと名乗れば、そこは気にならなくなりますが、新型シビック ハッチバックは、果たして、クーペハッチバックなのでしょうか?それとも、純然たるハッチバックなのでしょうか?そこが唯一気になる点です。

競合車の記事はこちら

>>> 【実際に座った感想】新型インプレッサスポーツ後部座席の広さはどうだった?


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です