ホンダ新型シビック ハッチバックのフルモデルチェンジ最新情報をご紹介。外装、内装、走行性能、荷室、維持費などを試乗してチェック!


スポンサーリンク

スポーティーなデザインが魅力的!新型シビック ハッチバック外装(エクステリア)レビュー

フォグランプまわりが印象的なフロントマスク

新型シビック ハッチバック フロントマスク

2017年に新型シビック ハッチバックがデビューしました。
シビックハッチバックはイギリスのホンダUKで製造され、日本に輸入されるモデルです。

かなり迫力のあるフロントデザインについて、細かく説明していきます。

ハチの巣構造のエアインテーク

シビックハッチバックのフロントグリルは、ボディカラーに関わらず、ピアノブラックで塗装されるデザインとなっています。
フロントバンパーにある、左右に大きくハチの巣構造のエアインテークは車の存在感を増します。

新型シビック ハッチバック エアインテーク

この左右にあるハチの巣構造のエアインテークの中に、丸いフロントフォグランプが設置され、更なる存在感のアップに役立っています。
フロントフォグランプはLEDとなり、遠くまで明るく均一に照らし、安心感を向上させます。

ハチの巣構造のエアインテークは、フロントバンパーのセンター部にも配置され、デザインの統一性を担っています。

車高を低く見せるフロントスポイラー

新型シビック ハッチバック フロントバンパー

フロントバンパーの下には、フロントスポイラーが装備され、地を這うような車高を低く見せるデザインに、一役買っています。

このフロントスポイラーは、車両下面に入り込む風を整流し、空力性能を上げる役割ももっています。
ヘッドランプは細目で横長のデザインとなっており、フルLEDのヘッドランプを囲む形で、LEDポジションランプも装備されます。

躍動感を感じさせるスタイリッシュなサイドミラーとサイドスカート

新型シビック ハッチバックのサイドミラーは、ボディカラーとピアノブラックの上下に分かれたツートンカラーでデザインされ、非常にスタイリッシュなデザインのサイドミラーとなります。
サイドミラーにはLEDウインカーと、ヒーテッド機能が装備されます。

新型シビック ハッチバック サイドミラー

フロントのフロントスポイラー同様に、サイドにも空力向上のために、サイドスカートが装備され、このサイドスカートは、車高を低く見せる視覚的効果もあります。
シビックハッチバックには、シルバーとブラックのツートンカラーで、デザインされたハッチバック専用のホイールが標準装備され、このホイールには18インチタイヤが装着されます

新型シビック ハッチバック 18インチタイヤ

中央2本出しマフラーがカッコいいリア

シビックハッチバックのリア周りのデザインも、かなり格好よくまとめられています。
ハッチバック専用装備となる、中央2本出しマフラーが装着されます。

新型シビック ハッチバック 中央2本だしマフラー

中央2本出しマフラーは、後方を走る他のドライバーにかなりスポーティーな印象を与えます。
フロント、サイド同様に、リアにも空力向上と整流のために、リアディフューザーが装着されます。

リアディフューザーは左右のリアアンダースポイラーと連なったデザインとされ、デザイン性の向上にもつながっています。

リアスポイラーは、リアハッチゲートに大型のスポイラーが装着され、ボディカラーに関わらず、ピアノブラックカラーになります。

リアスポイラーは、空力、整流の効果にも役立つデザインとなっています。
リアバンパー左右には、フロント同様に、ハチの巣構造デザインのエアアウトレットが装着されます。

新型シビック ハッチバック エアアウトレット

このエアアウトレットはから大型のデザインとなり、迫力があります。
リアランプは、リアスポイラーから繋がり左右を囲むようなデザインとなっており、このリアランプは、エマージェンシーストップシグナル機能を持ち合わせています。

中央2本出しマフラーと、リアデュフューザー、リアスポイラー、ハチの巣構造のエアアウトレットと、リアはかなりスポーティーなデザインでまとめられていると思います。

新型シビック ハッチバックの外装は、かなりスポーティーで、かなり格好いいデザインでまとめられており、特にフロント、リアに大きく開いたハチの巣構造のエアアウトレットがあるおかげで、さらに存在感を増しています。
ボディカラーに関わらず、ブラック塗装されるところも、良い点です。

エアアウトレット同様に、フロントグリルやサイドミラーにも、ピアノブラック塗装があしらわれ、黒系でデザインされているので、こちらもスポーティーな印象を与えるのに効果は抜群だと思います。

フロントスポイラーから、サイドスカート、リアディフューザーまでつながる、空力パーツも、実際の空力効果以上に、スポーティーさを上げるデザインとしても、役にたっていると思います。

新型シビック ハッチバック、かなりスポーティーさを前面に押し出したモデルと言えるでしょう。

新型シビックタイプRの記事はこちらから

>>> 新型シビックタイプRの外装(エクステリア)比較!ハッチバックとはここが違う!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です