ディーラーに新型N-BOXのおすすめのオプションを聞いてみました。


2017年9月にモデルチェンジした、ホンダN-BOX、ディーラーオプションパーツがかなり充実しております。

用途に合わせたオプションパーツや、見た目のスタイルに合わせたオプションパーツまで、かなり広い範囲で購入者のハートをつかんで離さないようなものが、たくさん用意されております。

さて、どのようなオプションパーツが人気があるのか、紹介していきたいと思います。

ホンダ N-BOX

スポンサーリンク

N-BOXにもいくつものオプションパーツがあります。

新型N-BOXのディーラーオプションパーツの種類はかなり豊富で多岐にわたります。

ここではすべては紹介しきれないので、代表的なディーラーオプションについて、紹介いたします。

  • ハンズフリースライドドア 29,160円
  • オートサイドステップ 111,240円
  • リモコンエンジンスターター 35,100円
  • 大型ルーフコンソール 17,280円
  • インパネトレイマット 3,780円
  • フロントグリル 19,400円
  • デカールセンターストライプ 10,800円
  • テールゲートスポイラー 27,000円
  • スポーツペダル 10,800円
  • ステアリングホイール 48,600円
  • シフトノブ 10,260円
  • LEDライセンスランプ 3,240円
  • アルミホイール(14インチ)5種類 13,500円~
  • アルミホイール(15インチ)4種類 14,580円~
  • これ以外にも様々なディーラーオプションが用意されています。

    ハピネスセレクション、北欧スタイルコレクション、ファンレーシースタイル、クールプレミアムスタイルなどの、テーマ別にオプションも用意されています。

    ご自分の好みで、ドレスアップすることも可能です。

    >>> ホンダ N-BOX…新型で外装・エクステリアはどう変わった?

    >>> 2017年N-BOXの内装・インテリアをご紹介

    実際どのようなオプションが人気なのでしょうか?

    N-BOX 側面

    ディーラーにどのようなオプションが人気なのか問い合わせてみました。

    N-BOXは子育て中のお母さんにも人気ですが、そんなお母さんを支えてくれるようなオプションが人気だそうです。

    例えば、荷物を抱えているとき、お子さんを抱っこしているときなど、両手がふさがっている場合、足先をかざすとスライドドアが自動で開閉できる、ハンズフリースライドドア(29,160円)。

    それ以外にも、小さなお子さんや、年配の方の乗り降りをサポートする、オートサイドステップ(111,240円)が一番人気だと聞きます。

    N-BOXには、子育てサポートのようなオプションが充実しています。

    ティッシュなどが収納でき、さらにさっと取り出すことが出来る、大型ルーフコンソール(17,280円)などが人気のあるアイテムです。

    この大型ルーフコンソールは、N-BOXの背の高い特徴をいかし、運転席助手席の上部に設置するオプションで、すぐに取り出せるものなどを収納することが出来ます。

    それ以外にも、女性の美容にも必須アイテムだといわれている、ナノイーうるケアヴェールライト(30,240円)や、お子様のために空気をきれいにする、プラズマクラスター搭載LEDルーフ照明(21,816円)も、今の時代の流行ではないでしょうか。

    子育て支援アイテム以外にも、オプションは充実しています。

    今の流行ともいえる、LEDライセンスランプ(3,240円)も、お手軽にドレスアップ出来るアイテムとして人気があります。

    外もLEDにするなら、車内もということになりますので、LEDルーフ照明(13,500円)、LEDルームランプ(3,780円)も、LEDの白で統一するアイテムとして、人気があります。

    筆者の若干古い車にも、LEDライセンスランプ、LEDルームランプを装着しております。

    私が代表意見になるかは置いといて、流行のアイテムなのは間違いありません。

    >>> N-BOXの走行性能ってどうなの?を検証!

    >>> 先代モデルより進化!?2017年新型N-BOXの燃費や維持費はどのくらい?

    まとめ

    新型N-BOXはメーカーオプションの設定が、グレードによるカーテンエアバッグや、運転席側の電動スライドドアくらいしかなく、ほとんどはディーラーオプションでの設定です。

    通常、メーカーオプションでしか選択できないような、本革ステアリング、本革シフトノブなども、ディーラーオプションで設定されています。

    それだけに、購入後に装着できるオプションが多いのは購入時の予算的に考えても魅力的です。

    オプションカタログを覗いてみると、上記のオプションのような、子育てに役に立つようなオプションパーツも豊富で、ファミリーカーとして、使用できることをきちんと考えられ作られていることが実感できます。

    かといって、カッコよさを目指す男性向けのクールなオプションパーツもかなり充実しており、かなり格好よく仕上げることも可能です。

    N-BOXは決して家族向けだけでなく、独身男性や、独身女性が喜びそうな、かゆいところに手が届くオプションパーツもかなり充実しております。
    先代でもかなり人気がある車でしたが、新型となり、オプションパーツ含めて、人気に拍車がかかりそうですね。

    >>> ホンダのN-BOX 後部座席は広いのか?居住性をチェック!

    >>> N-BOX(2017年)にデメリットはない?


    スポンサーリンク

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です