2017年新型リーフの内装・インテリアをご紹介【グレードごとの違いは?】


日産リーフ

2017年9月にフルモデルチェンジした新型日産リーフ。内装や、インテリアなど、どう進化したのでしょうか。
グレードごとにお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ステアリングやインパネ周りはどうなってる?

GグレードとXにはグレードには、ステアリングヒーター付きの本革巻きステアリングが、Sグレードには、ステアリングヒーター付きのウレタンステアリングが装備されています。

Gグレード
※画像はGグレード

ステアリングには、様々な操作が可能なステアリングスイッチが装備されます。
クルーズコントロールもこのステアリングスイッチで操作可能です。

センターコンソールのシフト回り、ドアハンドルなどは黒でまとめられております。

シフトノブまわり
※画像はGグレード

インパネおよびメーター回りですが、右にスピードメーター、左にパワーゲージが装備されます。

メーター
※画像はGグレード

エアコンの種類はグレードによって空調パネル含めて、若干の違いがあります。
Gグレードのエアコンはプラズマクラスター付きのフルオートエアコン、Xグレードはプッシュ式のフルオートエアコン、Sグレードのエアコンはフルオートエアコンになります。

エアコン
※画像はGグレード

シフトノブは電制シフトとなり、センターコンソールに用意されます。

P1030111
※画像はGグレード

センターコンソールには、e-Pedalのボタンが配置されます。
Gグレードは、電動パーキングブレーキが、Xグレードは足踏み式パーキングブレーキが、Sグレードは足踏み式パーキングブレーキが装備されます。

e-Pedal
※画像はGグレード

音響や収納などは?

フロントセンターコンソールに2つ分のドリンクホルダーが用意されます。それ以外に、フロントのサイドポケットにもボトルホルダーが用意されます。
リアのドリンクホルダーに関しては用意がなく、リアのサイドポケットのボトルホルダーを使う形となります。

リアドア
※画像はGグレード

GグレードとXグレードはナビが標準装備され、オプションでBOSEのサウンドシステムの音響を選択することが出来ます。
スピーカーは標準で4つ装備され、BOSEのサウンドシステムを選択することによって、スピーカーを7つに増やすことが出来ます。

Sグレードはオーディオレスが標準でナビはオプション装着となります。
スピーカーは標準で4つ装備されます。

>>> 日産EVのリーフG、X、Sグレード外装比較【先代とエクステリアはどう変わった?】

>>> 新型リーフG、S、Xグレードの魅力…スポーツさだって忘れていない!

シートやアクセル&ブレーキは?

どのグレードも、フロントシートにシートヒーターが標準装備されます。
今回のモデルチェンジで、e-Pedalというアクセルペダルだけで、発進から、加減速、停止まで行えるシステムが搭載されました。
このアクセルペダルは、全グレードに装着されます。

アクセルペダル

Gグレード、グレートのシートの色は、黒かグレーを選択でき、素材はバイオPETによる織物です。
オプションで本革シートを選択することもできます。その場合も、シートの色は黒かグレーとなります。

シート

Gグレードはシートバックポケットが標準装備されます。
Gグレードには、電動パーキングブレーキが装備され、他のグレードでは、足踏み式のパーキングブレーキが装備されます。

Sグレードのシートの色は、黒のみの選択となり、素材はメッシュフラットトリコットです。
Sグレードはほかのグレードに用意されるシートバックポケットが装備されません。

Xグレードはシートバックポケットが標準装備されます。

>>> 日産の新型リーフの後部座席は広いのか?居住性をチェック!

>>> 先代モデルより進化!?2017年新型リーフの航続距離や燃費はどのくらい?

まとめ

エクステリアに引き続き、インテリアに関しても、先代リーフのような近未来的なとこが減ってきたような気がします。

メーターコンソールについても、先代のようの二段になったメーターではなく、ごくごくオーソドックスなメーターに変わりました。

近未来的なものも大事ですが、より扱いやすく、親しみやすくを、狙って作られたのではないでしょうか。

シートのカラーなど、少し事務的な感じがしてしまった部分もあります。
後席のドリンクホルダー、アームレストが、用意されずに、ドアポケットのボトルホルダーのみというのも、少し残念な気がしました。
しかし、逆をいうと、ドリンクは、充電休憩の際に、とりましょうという、メッセージなのかもしれませんね。

面白いところで、エアコンの操作パネルですが、ここは先代リーフとの共用部品のような気がします。それ以外にも引き継いだ部品や、箇所は多岐にわたるのかもしれないですね。

電制シフトに関しても、先代リーフと、ノートe-powerと共通部品じゃないかと思う箇所もありました。日産の電気モデルは同じようなイメージでいく戦略なのでしょうか。

いずれにしろ、極々普通に乗れるインテリアの新型リーフ、普及させるということは、こういう普通が大事なのかもしれませんね。

>>> ディーラーに新型リーフのおすすめのオプションを聞いてみました

>>> 新型リーフ(2017年)に感じた3つの欠点とは?


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です