【プラットフォームが同じ!】SX4 S-CROSSとエスクードの違いを徹底分析!


スポンサーリンク

SX4 S-CROSSとエスクードの外装の違いは?

SX-4フロント
SX4 S-CROSSとエスクードは基本プラットフォームが同じ車で、両車種ともハンガリーで生産され、日本に輸入されるモデルです。
ボディサイズの違いは以下の通りです。

SX4 S-CROSS
全長×全幅×全高 4300mm×1785mm×1595mm
エスクード
全長×全幅×全高 4175mm×1775mm×1610mm

SX4 S-CROSSに比べると、エスクードは少し短く、幅が狭く、少し高さが高いといった感じで、若干ですがずんぐりしたボディサイズといった感じでしょうか。

最低地上高の高さは両モデルとも同じため、エスクードが単純にボディの高さがあるモデルのようです。

SX4 S-CROSSのホイールベースは2600mm、エスクードのホイールベースは2500mm、これと前後オーバーハングの長さの違いが、全長の違いに表れているのかもしれませんが、カタログに記載がないため、推測とさせていただきます。

両モデルとも、オフロード走行を可能とし得意とするSUVモデルです。快適なオフロード走行に必要なALLGRIPシステムは、両モデルに搭載されます。

最低地上高の高さも同じ数値なので、SX4 S-CROSSもエスクードも本格的にも使えるSUVとして考えて間違いないでしょう。

>>> 【マイチェンでよりSUVらしく!】 SX4 S-CROSSの外装の実車画像レビュー

>>> 【質感は向上した!?】SX4 S-CROSSの内装レビュー

走行性能、燃費の違いは?

エスクードはSX4 S-CROSSと違い、2種類のエンジンが用意されます。1.6リッターエンジンはSX4 S-CROSSと同一エンジン、それ以外に1.4リッターのターボエンジンが用意されます。

両エンジンとも、SX4 S-CROSS同様に、6ATトランスミッションが設定されます。

燃費に関してですが、同じく1.6リッターエンジンで、SX4 S-CROSSのカタログ燃費が15.2km/l、エスクードのカタログ燃費が17.4km/l。

同じエンジンで燃費の差があることに関しては、エスクードの車両重量が10kgほど軽いところからきているものだと思います。

カタログ燃費でこの差ですので、実燃費はさほど差がないと思われます。

次に、エスクードに用意される、1.4リッターターボエンジンですが、ターボで2リッター級のトルクがあるわりに、16.8km/lと高燃費なエンジンとなります。

SX4 S-CROSSにターボエンジンがないため、単純な比較はできませんが、同じ1.6リッターエンジンで比較した場合も、実燃費では差が出ないと思われるため、走り方によってはエスクードの燃費を上回ることもあると思われます。

加速力に関しては、同じく1.6リッターエンジンとの比較の場合、ほぼ差は無いと思われます。

ただし、エスクードの用意される1.4リッターターボエンジンはその限りではなく、トルクの数値が高いため、加速力に違いがあります。

キャラクターがかぶってしまうため、SX4 S-CROSSにターボエンジンが用意されなかったのかどうかは不明ですが、オンロードも心地よく走るイメージのSX4 S-CROSSにも、ターボエンジンを積んでいただけたらな、と感じたりもします。

>>> 【4WDのALLGRIPによる走破性と走行安定性はいかに?】SX4 S-CROSS 試乗感想①

>>> 新採用6速ATでオフロード走行が楽しい!SX4 S-CROSSの試乗感想②

収納容量や内装の違いは?

両モデルの内装の違いについてですが、SX4 S-CROSS、エスクードともに、黒を基調とした内装となっております。
インパネなどにデザインの違いが見られ、特にエアコン吹き出し口などのデザインが異なります。

■SX4 S-CROSSのエアコン吹き出し口
エアコンダクター

シートに関しては、SX4 S-CROSSはファブリックメインとなりますが、エスクードは本革とスエード調のコンビシートとなります。

■SX4 S-CROSSの運転席
内装

シートの座り心地ですが、表皮の違いはあれど、どちらも長距離も快適に過ごせる、パンと張ったシートになっております。
もちろん、後部座席には、全員分のヘッドレスト、3点式シートベルトが用意されます。

後部座席に関してですが、両モデルともシートアレンジは多彩で、大きな荷物から、長い荷物まで、簡単に積むことが出来ます。
ラゲッジスペースや収納容量に関しては、両車ボディ形状の違いからか、積める量に関して、違いがあります。

■SX4 S-CROSSの後部座席
P1020226

SX4 S-CROSSは420L、エスクードは375L、ラゲッジスペースの寸法については、エスクードが幅と高さで、SX4 S-CROSSを上回り、奥行きに関しては、ボディの長さからか、SX4 S-CROSSがエスクードを上回ります。

両モデルとも、高さが変えられるラゲッジボードが用意されていますので、高さがあるものや、ラゲッジスペースを平らにしたい場合など、有効活用できるようになっています。

■SX4 S-CROSSの荷室
荷室

まとめ

両モデルとも、基本プラットフォームを同じとするため、同じエンジンで比べた場合はオフロード走行性能を含め、差異は少ないと感じます。

しかし、エスクードはよりオフロード的なイメージを、SX4 S-CROSSは、都会派SUVらしさを前面に出しているものと思うデザインになっております。

見た目だけに関していえば、エスクードほど本格的なSUVでないにしろ、潜在能力はエスクードにも負けずとも劣らない同等の実力を持つSX4 S-CROSS。

両モデルとも普段使いから、アウトドア、オフロード、どのシチュエーションでも使い勝手は悪くなく万能モデルですが、街中にたたずんでいても違和感のないモデルとして考えれば、私はSX4 S-CROSSを推します。

エスクードはいい意味で武骨なデザインで、SX4 S-CROSSはシティナイズされたデザインだと思うのがSX4 S-CROSSを推す理由の一つですね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です