【リアシートの居住性はいかに!?】新N-BOXカスタムに試乗!


スポンサーリンク

新N-BOXカスタムの開放感たっぷりの余裕な後部座席空間!

後部座席は、チップアップ&ダイブダウン機能付きのスライドシートが奢られます。
このスライドシートは、前後に19cmスライドすることができ、一番後ろに下げると、大人が足を組めるほどの空間が現れます。

一番前にしても、ひざ前には余裕があり、大人でも苦なくドライブする空間が現れます。

ここまで足元に余裕があると、子供にとってはかなり広い空間となり、下手なミニバンと比べても、遜色ない広さとなります。

室内高が140cmもあるので、小さなお子様だと、車内で立って着替えるようなこともできます。

使いやすさ抜群!新型N-BOXカスタムのリアシート

新型N-BOXカスタムには両側スライドドアが装備されます。

リモコンキーや、スライドドアを握ることで電動開閉も可能ですが、ディーラーオプションでハンズフリースライドドアを装着することで、荷物や、お子さんを抱っこしているときなど、両手がふさがっている場合でも、足先をかざすだけで、スライドドアを自動開閉させることが出来ます。

車内空間は、かなりの余裕があります。
全長が短いにも関わらず、室内長は2240mmもあるので、室内空間の広さにも納得がいきます。

後部座席のスライドリアシートは前後に19cmのスライドが可能で、一番前にスライドさせたとしても、ひざ前や足元には余裕があります。

後部座席を一番後ろにスライドさせた場合、足を伸ばすことも、組むことも可能で、かなり快適な空間です。

スライドリアシートは、チップアップ&ダイブダウンという機能がついています。
チップアップとは、シートの座面を上部に90度畳むことが出来る機能で、シートをたたむことにより、高さのある荷物(ベビーカー)など、を積むことが出来ます。

ダイブダウンはシートを前に沈みこませるように倒し、荷台とフラットな空間を作りだすことが出来る機能です。
ダイブダウンすることによって、大きく長さがある荷物を積むことが出来ます。

いざ試乗!後部座席の居住性・乗り心地はいかに?

後部座席に乗って試乗してみました。
後部座席の居住性は、シートを前後にスライドさせることによって、前後方向の広さをフレキシブルに変えることができ、どの位置でも快適な空間が提供されます。

縦方向、横方向、上下方向、ともに、居住性は問題なく、リアシートのスライドを一番後ろに下げれば、大人が問題なく足を組むことが出来、長時間でも疲れにくい空間となります。
サイドウインドウの高さも上下方向にかなり広くとられており、視界も良好です。

後部座席から、前方方向への視界も悪くなく、高さある空間とあいまって、閉鎖的な感じは皆無でした。

シートの柔らかさも、特に問題はなく、柔らかすぎもなく、硬すぎることもないので、この点でも長時間ドライブも可能であると言えます。

乗り心地も、ボディが小さいわりに悪くなく、振動や路面の凹凸からくる衝撃に関しても、悪くなく、許容範囲内に収まっていると実感できました。

収納に関していえば、左右にカップホルダーも用意され、助手席シートバックには、スマートフォンなどをしまうことが出来る、シートバックポケットが装備されます。

そこまで収納が充実している感じがしないこともないですが、軽自動車で、後部座席にカップホルダーやセンターアームレストが装備されているのは、特筆すべき点だと思います。

まとめ

N-BOXカスタムの後部座席は全体的にみて、非常によくできた作りでした。

軽自動であるにも関わらず、リアシートにセンターアームレストが用意され、左右には、カップホルダーも設置されます。

足元は、前後に19cmスライドするリアシートのお陰で、とても快適です。

リアシートを一番後ろにすると、大人が足を組めるほどの空間が現れます。

サイドウインドウは、紫外線防止のガラス+サンシェードが装備され、よく効くエアコンと相まって、日差しや暑さなども防いでくれます。

4人で乗車することを考慮しても、後部座席だからといって我慢を強いられることもなく、むしろ、前席よりも快適な空間で、ドライバーに申し訳なく感じるほどです。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です