オデッセイハイブリッドのシートアレンジ。多彩なアレンジのオススメは?


オデッセイハイブリッド画像0039

2016年2月にホンダの高級ミニバンオデッセイ(Odyssey)から
燃費性能の良いハイブリッド車が発売されましたね。

今回新発売されたオデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)は
JC08燃費モードが26.0km/L~と優れている事もあり、発表時から注文が
殺到しているようですね。

私も先日オデッセイHV(Odyssey Hybrid)を試乗してきたのですが、
燃費性能だけでは無く、加速力・静寂性ともにとても優れていて好印象でした。

>>> オデッセイHVを試乗 ハイブリッド車の加速力レビューは、コチラから

>>> オデッセイHVの試乗の感想 ホンダ随一の静寂性に感動は、コチラから

今回私は2列目プレミアムクレードルシートを採用している7人乗り
だったのですが、シートアレンジもかなり豊富。
様々な用途によってシートアレンジをする事が可能だと思いました。

そんなオデッセイHV(Odyssey Hybrid)のシートアレンジを紹介したいと思います。
また、一番私のお気に入りのシートアレンジも紹介いたします。

スポンサーリンク

アレンジ1:2列目シートフラットモード

今回私が見た7人乗りのオデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の
2列目シートは、このようにプレミアムクレードルシートを採用。

オデッセイハイブリッド画像0100

人間工学に基づいて設計されておるい、中折れ機能やリクライニングの
状態によって座面の角度を調整など他のクルマには無い機能が装備されております。

>>> オデッセイHVのクレードルシートの3つの特徴はコチラから

そして、この新型モデルの3列目シートを格納した状態で、2列目シートを
リクライニングするとこのような状態に・・・。

ほぼ90度の角度まで背もたれをリクライニングでき、ほぼフルフラット状態に・・・。

オデッセイハイブリッド画像0177

そして、この状態でオットマンを使用するとこのような感じ。

オデッセイハイブリッド画像0178

このようにオデッセイ ハイブリッドの2列目シート座面の部分が上がっており
Vの字のような形になっているので、一見するとシートの形がデコボコとして
座り心地は良さそうに感じませんが、実際に座るとかなり座り心地は良い感じ。

このデコボコとした形が横になったときのカラダにフィットするので、
とてもリラックスすることができました。

特にオットマンを使用した時はとっても快適。
このままウトウトとしちゃいそうになるくらい・・・。

ちょっとパーキングエリアで仮眠を取りたい時などには、
2列目フルフラットモードで十分だと思いました。

オデッセイハイブリッド画像0176

また、遊園地などで遊びづかれた子供を寝かすのには、このシートアレンジは
ピッタリなのかなとおもいました。

ちなみに、オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の3列目シートを
格納しない状態で2列目シートを一番後ろまでリクライニングすると
このようになります。

オデッセイハイブリッド画像0160
※2列目シートを一番後ろにスライドした時

背もたれが3列目シートにぶつかり途中までしかリクライニング
する事ができないので、ご注意してくださいね。

アレンジ2:2列目&3列目フラットモード

また、オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の2列目シートの
ヘッドレストを取り外してリクライニングし、スライド位置を調整すると、
2列目と3列目シートが密着したフラットモードになります。

オデッセイハイブリッド画像0166

2列目シートのスライド位置を調整するとこのように3列目シートの
座面とピッタリとくっつくので、座ってみるととっても快適。

オデッセイハイブリッド画像0167

また、オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の3列目シートに
寄りかかった状態で足を伸ばしてみると、このような感じ。

オデッセイハイブリッド画像0164

私の身長は175cmなのですが、足の先端はちょうど2列目シートの座面のあたりまで。
オットマンを使用しなくても、全然足元空間に余裕があるのがわかりますよね。

また、このような2列目&3列目フラットモードにした時でも座面の部分が
フルフラットにならずにデコボコとしてしまいます。

オデッセイハイブリッド画像0165

この状態で横になるのは座面の角度がカラダにフィットしないのでオススメ
しませんが、3列目シートの背もたれに寄りかかってソファーに座っている
ように足を伸ばすのにはピッタリ。

ソファーに座っている感じでくつろぎたい時には、とても良いのかなと思いました。

ちなみに、このように座面がデコボコとしているので、この状態でマットを
敷いて車中泊をするのは、少し大変なのかなと思いました。

中央シートの座り後落ちはイマイチ!?

ちなみに、この2列目&3列目フラットモードで注意が必要なのは、
3列目の中央に座った時。

このようシートの隙間をアームレストが埋めているようなデザインに
なっているので、あまり快適ではありませんでした。

オデッセイハイブリッド画像0180

実際に座ってみると、アームレストや左右のシートとの段差が少し気になってしまいました。

オデッセイハイブリッド画像0179

オデッセイ ハイブリッドの2列目&3列目フラットモードで快適に
スゴイしたいなら、中央は使わずに左右のシートのみをしようした方が良
いのかなと思いました。

アレンジ3:1列目&2列目フラットモード

また、オデッセイ HVは2列目と3列目フラットモードだけではなく、
1列目と2列目を連結させるフラットモードを用意しています。

この1列目&2列目フラットモードはこのような感じ。

オデッセイハイブリッド画像0175

実は私が一番気に入ったのは、このシートアレンジ。

2列目プレミアムクレードルシートに寄りかかる形になるので、
背もたれ座面も肉厚で2列目と3列目をくっつける形よりもコチラの方が快適。

また、この1列目&2列目フラットモードでも座面はフルフラットではなく
デコボコとしていますが、2列目クレードルシートのリクライニング機能や
背もたれの中折れ機能のおかげで、背もたれの角度は自由自在。

オデッセイハイブリッド画像0124

自分のお好みの角度に背もたれを調整できるのは、とても良いと思いました。

1列目&2列目フラットモードの欠点

ただ、注意が必要なのはこの1列目&2列目フラットモードは、2人使用という事。

オデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)の2列目&3列目をくっつけた時は
何とか3人で使用する事ができますが、この1列目&2列目フラットモードでは、
シートの間にこのように大きな穴ができてしまいます。

オデッセイハイブリッド画像0170 オデッセイハイブリッド画像0172

また、オデッセイHV(Odyssey Hybrid)のフロントシートはサイドの張り出しが
大きく、フルフラットにするには少し邪魔になっているのかなと思いました。

オデッセイハイブリッド画像0171

この1列目&2列目フラットモードも仮眠用、もしくは、ソファーのように
足を伸ばしてくつろぎ用に使用するのが良いのかなと思いました。

ただ、段差や穴を埋めるのが大変なので、車中泊には向いていないのかなと思いました。

オデッセイハイブリッド画像0175

今回新発売されたオデッセイ ハイブリッド(Odyssey Hybrid)は、
このように様々なシートアレンジをする事が可能です。

座面が完全にフルフラットにならずに車中泊をするのには少し工夫が
必要なのかなと思いましたが、コレだけのシートアレンジの豊富さは魅力的ですよね。

色々なシートアレンジを試したのですが、一番のオススメは1列目シートと
2列目シートをくっつけるシートアレンジ。

オデッセイ ハイブリッドの競合車の新型アルファードやベルファイアでは、
このように助手席ロングスライド&オットマンが装備されているモデルもあります。

新型ヴェルファイア画像0013

助手席の同乗者がリラックスするにはとても良い装備ですよね。

オデッセイHV(Odyssey Hybrid)にはこのようなシートアレンジが
装備されていませんが、1列目&2列目フラットモードを使用すれば、
同じような効果を得られます。

運転中にこのようなシートアレンジにしていたら、助手席に座る
同乗者も喜んでくれるかもしれませんね。

オデッセイの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です