日産のコンパクトカーノートe-POWER NISMOとNISMO S【外装・エクステリアの違いは?】


xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00643

日産の人気ハイブリッド車のノートe-POWERをベースにしたスポーツモデル
NISMO(ニスモ)が、2016年12月に新発売されましたね。

今回新発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)は、ハイブリッド車の
e-POWERをベースにしたベースにしたモデルですが、それ以外にもノートの中で
唯一のマニュアル車(MT車)となるガソリン車の”NISMO S”なども用意しています。

2016年12月に新発売されたハイブリッド車のe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)と
ガソリン車の”NISMO S”では、外装・エクステリアに違いはあるのでしょうか?

先日、この2台のモデルを見に行ってきたので、外装・エクステリアを
比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

日産ノートNISMO e-POWERとSの外装比較

現在大人気のノートe-POWERをベースに開発・デザインされた
e-POWER NISMO(eパワー ニスモ)の外装・エクステリアは、このような
デザインになっています。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00147 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00152 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00161 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00134 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00143 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00144

一方、ガソリン車をベースに開発・デザインされたノート(NOTE)の
NISMO S(ニスモ S)は、このようなデザインになっています。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00005 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00014 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00012 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00042 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00048 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00046

このように2台のモデルを見比べると分かると思いますが、ハイブリッド車の
ノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)と、ガソリン車の
NISMO S(ニスモ S)では、基本的な外装・エクステリアのデザインに違いはありません。

しかし、細かいパーツや装備などでは若干の違いがあります。

そんなノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)とニスモS(NISMO S)の外装・
エクステリアの違いについて、詳しく紹介していきましょう。

違い1:フロントグリル

今回新しく追加されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)と、ガソリン車の
ニスモS(NISMO S)の違いの一つは、フロントグリルのデザイン。

ガソリン車のニスモS(NISMO S)は、最近の日産車のトレンドでもあるシルバーの
Vモーショングリルを採用しているしているのに対し、e-POWER NISMOでは、
ブルーのアクセントラインを追加。

■e-POWER NISMOのフロントグリル

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00200

■ニスモ S(NISMO S)のフロントグリル

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00032

このように見比べると、ブルーのアクセントラインは、かなり目立ちますよね。

ノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)のフロントマスクは、
NISMOらしい迫力はそのままに、エコな雰囲気も兼ね備えているように感じました。

また、このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)に採用されているブルーの
アクセントラインはかなり目立つので、ハイブリッド車とガソリン車を
見分けるのに一番良いのかなと思いました。

違い2:エンブレム

また、今回新しく発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)と、
ガソリン車のニスモS(NISMO S)では、装備されているエンブレムにも違いがあります。

e-POWER NISMO(eパワー ニスモ)では、ノーマルモデルと同様にフロントタイヤの
後方とリヤの左側にe-POWER専用のエンブレムが装備されています。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00243

ニスモS(NISMO S)では、ボディのサイドやリヤの右側にエンブレムが
装備されていないので、エンブレムの有無を確認するだけでも、e-POWERか
ガソリン車かの見分けを付ける事が可能です。

フロントグリルに装備されているNISMOエンブレムにも違いが…

また、ハイブリッド車のノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)と、
ガソリン車のニスモ S(NISMO S)では、フロントグリルに装備されている
エンブレムのデザインにも若干の違いがあります。

ハイブリッド車のe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)は、このように
“NISMO”と刻まれたエンブレムを装備しているのに対し、ガソリン車の
ニスモSは、このように”NISMO S”と刻印された専用デザインのエンブレムを採用。

■e-POWER NISMOのエンブレム

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00198

■ニスモ Sのエンブレム

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00030

このようにガソリン車のニスモ S(NISMO S)は、専用デザインのエンブレムに…。

このフロントグリルに装備されているエンブレムの違いも、e-POWER NISMOと
ニスモSの大きな違いの一つかなと思いました。

違い3:タイヤ&ホイール

今回新しく発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)と
ガソリン車のニスモS(NISMO S)では、ホイールのデザインが同じなので
気づきにくいのですが、タイヤサイズ&メーカーが異なります。

新しく追加されたe-POWER NISMOでは、16インチサイズ(195/55R16)の
ヨコハマタイヤの”DNA S.drive(Sドライブ)”を標準装備。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00228

一方、ガソリン車のニスモ S(NISMO S)では、e-POWER NISMOよりも
タイヤサイズが一回り大きい17インチサイズ(205/45R17)を標準装備。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00081

また、ニスモS(NISMO S)はタイヤメーカー&ブランドも異なり、グリップ力に
優れているブリヂストンのスポーツタイヤ”ポテンザ RE080″を標準装備。

このようにタイヤメーカー&サイズだけではなく、サスペンションなど足回りの
セッティングもノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)と
NISMO S(ニスモ)では異なるので、乗り心地にも大きく異なるようですよ。

この2台のモデルの乗り心地や走破性の違いも注目ですね。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00005

2016年12月、日産から発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)と
ニスモS(NISMO S)の外装・エクステリアを比較したところ、このような
違いがありました。

この2台のモデルで特に違いを感じたのは、フロントマスク。

ブルーのアクセントラインが入っているe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)の
フロントマスクは、かなり印象的でした。

もしノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)を試乗する機会がありましたら、
エコな雰囲気を兼ね備えたフロントマスクにも注目をしてみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です