【上品さを増した見た目を徹底チェック】ノートのカスタムモデル”モードプレミア”の外装レビュー


xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00276

現在、大人気のハイブリッド車”日産ノートe-POWER(eパワー)“では、
2つのカスタムモデルを用意しています。

1つは足回りを強化したスポーツモデルのe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)、
そして、もう一つが洗練された上品さを追求したモード プレミア(MODE Premier)。

先日、この”モードプレミア”を見る事ができたのですが、ノーマルモデルや
e-POWER NISMOと全く異なる外装・エクステリアに…。シルバーの
アクセントカラーがワンポイントになっていて、とてもオシャレな
デザインになっているように感じました。

そんな”モードプレミア”の外装・エクステリアの写真・画像を撮ってきたので、
実車画像を使って詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ノート モードプレミア外装インプレ:正面から

今回新発売されたカスタマイズモデル”モードプレミア”を
正面からみると、このようなデザインになっています。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00276 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00283 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00306

ちなみに、こちらはノーマルモデルのe-POWERの外装・エクステリア。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-0738 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-0745 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-0754

フロントマスクの雰囲気が異なりますよね。

ベースとなっているノーマルモデルでは、日産のフロントマスクの特徴でもある
Vモーショングリルが際立つデザインに…。

一方、”モード プレミア(Mode Premier)”は、ノーマルモデルと比較して、
グリルの迫力が控えめな印象が…。

また、e-POWERの特徴でもあるブルーのアクセントラインがフロントグリルに
入っていない事も”モード プレミア(Mode Premier)”の特徴の一つかなと思いました。

メタル調のアクセントに注目

今回新発売されたオーテック製のカスタマイズカー”モードプレミア”の
フロントマスクで注目なのは、メタル調のアクセントが入っている事。

この”モード プレミア(Mode Premier)”は、メタル調のカラーをした
専用デザインをしたフロントバンパーを採用。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00327

今回私が確認をした試乗車はガーネットレッドだったのですが、メタル調の
フロントバンパーがワンポイントアクセントになっていたため、ノーマルモデルの
ガーネットレッドよりも引き締まった感じのデザインになっているように感じました。

また、印象的だったのが、モード プレミアのフロントグリルなのデザイン。

“モードプレミア”は、フロントグリル内に散りばめられた粒状のメッキが
キラキラと輝くデザインを採用。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00667

ジュエリーのようにキラキラと輝く”モード プレミア(Mode Premier)”の
フロントグリルは、かなり印象的でした。

上質感・高級感のあるデザインを求める女性には、ピッタリの
デザインのクルマなのかなと思いました。

ノート モードプレミア外装インプレ:横から

今回新発売された”モードプレミア”を横から見ると、
このようなデザインになっています。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00246 xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00255

スポーツモデルの”e-POWER NISMO(eパワー ニスモ)”は、専用デザインの
サイドシルプロテクターを装備していましたが、”モード プレミア”では、
専用デザインのサイドシルプロテクターなどの装備は無し。

ただ、サイドミラーやアウトドアハンドルがフロントマスクとマッチした
メッキ調のデザインになっており、高級感・上質感を感じるデザインに
なっているように感じました。

タイヤ&ホイールは専用デザインを装備

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00263

このようなデザインになっている”モードプレミア”ですが、
外装・エクステリアの注目ポイントの一つが、ホイールのデザイン。

今回新発売された”モード プレミア(Mode Premier)”では、切削加工&
ブラック塗装された専用デザインのホイールを装備。

■モード プレミアの専用デザインのホイール

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00266

ノーマルモデルと比較すると、スタイリッシュなデザインに
なっているように感じました。

また、”モードプレミア”に標準装備されているタイヤサイズは、
ノーマルモデルと同じ15インチタイヤとなります。

ただ、e-POWER NISMOに近いセッティングとなるメーカーオプションの
“ツーリング パッケージ”を装備すると、16インチタイヤが装備されますよ。
(ちなみに、私が見たモデルはツーリング パッケージでした。)

ノート モードプレミア外装インプレ:後ろから

今回新発売された”モードプレミア”を後ろから見ると、
このようなデザインになっています。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00385

e-POWER NISMOのように大型のルーフスポイラーなどは装備されおらず
基本的なデザインは、ノーマルモデルに近い感じ。

ただ、今回新発売された”モード プレミア(Mode Premier)”のリヤバンパーには、
フロントバンパーと同様のメタル調のカラーに…。

この専用カラーがワンポイントのアクセントカラーになっていて、ノーマル
モデルよりも上質感のあるデザインになっているように感じました。

また、リヤの左下に装着されていた”モード プレミア(Mode Premier)”の
専用エンブレムも装備。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00230

基本的なデザインはノーマルモデルと大きな違いはありません。

ただ、このバンパーのカラーやモード プレミア専用エンブレムのおかげで、
ノーマルモデルとしっかりと差別化がされているのは、好印象でした。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00306

今回新たに発売された日産ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタマイズモデル
“モード プレミア(Mode Premier)”の外装・エクステリアは、このようなデザインに
なっていました。

ノーマルモデルと比較すると、フロントマスクの迫力や精悍さは劣るように
感じましたが、今回新発売された”モードプレミア”の方が
上質感を感じる見た目になっているように感じました。

最近、日産のノートe-POWER(NOTE e-POWER)は人気で至る所で見かけるように
なりましたが、他の人と異なるオシャレなモデルのクルマに乗りたい方には、
この”モード プレミア(Mode Premier)”はピッタリなのかなと思いました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です