【ガソリン車との違いを比較】日産ノートe-POWERのメーター画像レビュー


%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0003

2016年11月、日産のコンパクトカーノート(NOTE)のハイブリッドモデル
“e-POWER(イーパワー)”が新発売されましたね。

今回新発売されたハイブリッドモデルの内装やインパネの基本的な
デザインはガソリン車と共通していますが、メーターやシフトレバーは
e-POWER(イーパワー)専用のデザインになっています。

>>> ノートe-POWERの内装インプレ【シフトレバーなど専用デザインを徹底チェック】

このように専用装備を採用しているノートe-POWER(NOTE e-POWER)ですが、
ガソリン車との大きな違いの一つが、メーターのデザイン。

e-POWER(イーパワー)では、エネルギーフローなどが表示され、ガソリン車とは
まったく異なるメーターデザインになっていました。

そんなハイブリッドモデルの専用メーターを実車の画像を使って詳しく
紹介したいと思います。また、ガソリン車との違いも比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

ノートe-POWERのメーター画像インプレッション

今回新発売された日産ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のメーターは、
このようなデザインになっています。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0156

メーター上部に入っているブルーのラインが印象的ですよね。
ハイブリッド車らしいデザインになっていて、とても良いと思いました。

そして、ハンドルの左側にあるプッシュ式のエンジンスターターを押すと、
メーターもこのように点灯します。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0664

ハイブリッド車らしいスタイリッシュなデザインのメーターになっているように感じました。

このノートe-POWER(NOTE e-POWER)のメーターの中央部分は時速180km/hまで
表示されているスピードメーターを採用。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0903

そして、スピードメーターの左側には、シフトレバーのポジションを
表示してくれる”ポジションインジケーター”や現在の出力や回生の状況を
表すパワーメーターなどを表示。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0665

一方、スピードメーターの右側にはガソリンの残量計やトリップメーター、
現在の駆動状況を表示してくれるエネルギーフローなどを表示してくれます。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0670

現在の出力/回生状況を表すパワーメーターや駆動状況を表すエネルギーフローなど、
このノートe-POWER(NOTE e-POWER)のメーターはハイブリッド車らしいデザインに
なっているように感じました。

車両情報ディスプレイも標準装備

また、ガソリン車と同様にノートe-POWER(NOTE e-POWER)のスピードメーターの
中央部分には、燃費や航続可能距離などを表示する車両情報ディスプレイも
標準装備されています。

車両情報ディスプレイの表示項目はハンドルの右側にあるこのスイッチで
切り替える事ができるのですが、次のような表示項目が用意されていました。

■車両情報ディスプレイ切り替えスイッチ

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0294

■トリップ燃費

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0659

■平均燃費

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0650

■航続可能距離

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0651

■平均車速

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0654

■外気温

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0658

実際にこのe-POWERを試乗した時にも思ったのですが、車両情報ディスプレイは
大きく表示してくれるので運転中の視認性が良いのも印象的でした。

e-POWERのメーターを見て残念に感じた事とは?

エネルギーフローなどを表示してくれるノートe-POWER専用デザインの
メーターですが、実際に試乗をしてみて、ちょっと残念に思った事が・・・。

それはメーターの左右にあるエネルギーフローやパワーメーターの表示画面が
ちょっと小さいこと・・・。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0168

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0665

このe-POWER(イーパワー)に搭載されているエネルギーフロー画面などは、
トヨタの新型プリウスやホンダのフィット3ハイブリッドなど他のメーカーの
ハイブリッド車にも搭載されています。

■新型プリウスのメータ画面

新型プリウス画像0614 新型プリウス画像0616

■フィット3ハイブリッドのメーター画面

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%883%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc %e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%883%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc0002

このように比較すると、今回新発売された日産ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の
エネルギーフロー画面は、ちょっと小さいですよね。

実際に今回のこのe-POWERイーパワーの試乗でもあまりこのパワーメーター画面は、
目に入りませんでした。

個人的にはエネルギーフロー画面やパワーメーター画面は、もう一回り
大きく表示してくれても良かったのかなと思いました。

ノートe-POWERとガソリン車のメーターを比較

このようなスタイリッシュなデザインになったノートe-POWER(NOTE e-POWER)の
ハイブリッド車”e-POWER(イーパワー)”のメーターですが、ガソリン車との違いは一目瞭然。

それぞれのモデルのメーターは、このようなデザインになっていました。

■e-POWERのメーター

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0687

■ガソリン車のメーター

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ac%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f0001

このように見比べると、まったく違いますよね。

正直に言って、このe-POWER(イーパワー)の実車を見る前は、ガソリン車の
左側のタコメーターがパワーメーターに変わっているくらいの違いだと思って
いたので、これ程デザインが変わっていたのは少々意外でした。

ただ、スタイリッシュになった日産ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の
メーターデザインの方が、良いように感じました。

ノートe-POWERにタコメーターは装備されていない

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ac%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f0002

また、今回新発売されたノートe-POWER(NOTE e-POWER)の
メーターデザインの注目ポイントの一つが、タコメーター。

このe-POWER(イーパワー)に搭載されているエンジンは、モーターの発電専用。
ガソリン車モデルと異なりエンジンのチカラを直接使って走行する事はありません。
なので、このクルマにはタコメーターが搭載されていません。

これもハイブリッド車”e-POWER(イーパワー)”とガソリン車の大きな
違いの一つだと思いました。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0891

今回新発売された日産ノートのハイブリッド車”e-POWER(イーパワー)の
メーターは、このようなデザインになっていました。

パワーメーターやエネルギーフロー画面の小ささは運転をしていて
若干気になったものの、ハイブリッド車らしい先進的なデザインのメーターに
なっているように感じました。

また、ガソリン車とデザインが異なりスタイリッシュなデザインに
なっていたのも好印象でした。

このデザインが一新されたメーターもe-POWER(イーパワー)の注目ポイントの一つです。
もしこれからこのクルマの試乗に行かれる方は、デザイン性や視認性を
しっかりと確認してみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です