ノートe-POWER NISMOの納期【ノーマルモデルよりも遅い!?その理由とは?】


ノートe-POWERNISMO画像-0807

オーテックジャパンが開発をし、エンジンや足まわりなどに専用チューニングを
施したノートe-POWER NISMO(NOTE eパワー ニスモ)が、遂に発売されましたね。

先日、このNISMO e-POWER(ニスモ eパワー)を試乗してきたのですが、
デザイン性・乗り心地すべての面においてけた違い!特にアクセルを
踏み込んだ時の加速力が凄い事になっていました。

>>> ノート ニスモ e-POWERの加速力は標準車と全然違う!?【試乗インプレッション】

このようにノーマルモデルと全く異なる加速力・乗り心地を楽しむ事ができる
スポーツモデルのノートe-POWER NISMO(NOTE eパワー ニスモ)ですが、
少し残念だったのが納期・納車待ち。

なんとノーマルモデルとNISMO e-POWER(ニスモ eパワー)では、
納期・納車待ちの長さが倍くらい違っていて、ビックリしました。

今回新発売されたNISMO e-POWER(ニスモ eパワー)の納期・納車待ちは、
どのくらいなのでしょうか?また、なぜNISMO e-POWER(ニスモ eパワー)の
納期・納車待ちは長いのでしょうか?

先日、ノートe-POWER NISMO(NOTE eパワー ニスモ)を試乗してきた際、
このモデルの納期・納車待ちを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日産ノートe-POWER NISMOの納期・納車待ち情報

ノートe-POWERNISMO画像-0867

オーテックジャパンから今回新発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE eパワー ニスモ)の
納期・納車待ち情報をディーラーさんに確認したところ、このようになっていました。

■日産ノートe-POWER NISMOの最新の納期・納車待ち
1ヶ月半~2ヶ月程度

思ったよりも長くないですね。

日産ノート(NOTE)は人気モデルのため増産体制を取っており、また、生産台数も
安定しているので、発売当初と比較して、現在は比較的に納期・納車待ちは短めに
なっているようです。

ただ、今回新発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE eパワー ニスモ)は、
ベースとなっているノーマルモデルと比較すると、納期・納車待ちは、
若干長くなっていました。

■ノーマルモデルのノート(NOTE)の納期・納車待ち
1ヶ月程度

このように2台のモデルの納期・納車待ちを見比べると、かなり違いますね。

もしできるだけ早くノートe-POWERを手に入れたいのなら、NISMO e-POWERよりも
ノーマルモデルの方が良いのかなと思いました。

日産ノートe-POWER NISMOの納期が長い理由とは…

このような納期・納車待ちになってる日産のノートe-POWER NISMOですが、
なぜノーマルモデルと比較して、納期・納車待ちが長くなっているのでしょうか?

NISMO e-POWER(ニスモ eパワー)の方が納期・納車待ちが長い理由を、
試乗してきた時にディーラーさんに聞いてきたので、紹介したいと思います。

理由1:NISMO e-POWERの生産工程

ノートe-POWERNISMO画像-0135

今回オーテックジャパンが開発をしたノートe-POWER NISMOの納期・納車待ちが
ノーマルモデルよりも遅い理由の一つが、ちょっと複雑な生産工程。

現在ノートe-POWERは、神奈川県の横須賀市にある追浜工場で生産されています。

ノーマルモデルは、神奈川県の追浜(おっぱま)にある工場で作られた後、
そのまま各ディーラーに輸送され、ディーラーオプションを装備して、
お客様の元へ届けられます。

一方、ノートe-POWER NISMOは追浜にある工場で生産されたあと、NISMO専用の
装備を装着するために、一度オーテックジャパンにある神奈川県の茅ヶ崎市に
輸送されるようです。

そして、オーテックジャパンでNISMO専用の装備を装着されてから
各ディーラーに送られ、お客様の元に届けられるようです。

このように、一度オーテックジャパンに配送され、NISMO専用の装備を
装着するための時間がかかる分、NISMO e-POWER(ニスモ eパワー)の方が
納期・納車待ちに時間がかかるようですよ。

理由2:NISMO e-POWERの売れ行きの良さ

ノートe-POWERNISMO画像-0336

今回新発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE eパワー ニスモ)の納期・納車待ちが
ノーマルモデルよりも遅い理由の一つが、販売台数。

このNISMO e-POWER(ニスモ eパワー)はノーマルモデルよりも発売が1か月遅く、
また、乗り出し価格がノーマルモデルよりもかなり高いにも関わらず、予想以上の
注文が入っているようです。

そのため、現在、オーテックジャパンでの専用装備の装着に普段以上の時間が
かかっており、納期・納車待ちの長さにかなりの影響を与えているようですよ。

ちなみに、現在ノートNISMO(NOTE NISMO)はガソリン車も含めて、
次の3つのグレードを用意しています。

■ノートNISMOのグレードラインナップ
・NISMO (ニスモ)   / ガソリン車
・NISMO S(ニスモS) / ガソリン車
・e-POWER NISMO(eパワー ニスモ) / ハイブリッド車

ディーラーさんの話によると、この3つのグレードの中で、特にe-POWER NISMOの
人気が高くなっており、他のモデルよりもe-POWER NISMO(NOTE eパワー ニスモ)の
納期・納車待ちが特に遅くなっているようですよ。

ノートe-POWERNISMO画像-0964

オーテックジャパンで開発されたノートe-POWER NISMO(NOTE eパワー ニスモ)の
納期・納車待ちを確認したところ、このようになっていました。

NISMO e-POWER(ニスモ eパワー)は、生産工程がノーマルモデルと異なるため
納期・納車待ちは、若干長めに…。予想以上の違いで、個人的にはビックリと
しちゃいました。

もしこのNISMO e-POWER(ニスモ eパワー)の購入を検討しているのなら、
納期・納車待ちの長さに注意をしてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です