ノートe-POWER NISMOの内装画像【スポーツ仕様のインパネやシートを徹底チェック】


ノートe-POWERNISMO画像-0964

スポーツ性能を大幅に強化して、走る楽しみを追求した日産ノートe-POWERの
スポーツモデルNISMO(ニスモ)が、2016年12月に新発売されましたね。

エアロパーツを装着するなど精悍さが増した外装・エクステリアが特徴の
ノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)ですが、内装・インテリアも
専用デザインに…。

メーターやシフトレバーなどハイブリッドらしさは残しつつも
しっかりとスポーツモデルらしい内装・インテリアに仕上がっていました。

そんなノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)の内装・インテリアは、
どのようなデザインになっているのでしょうか?また、このモデルの内装には、
どのような専用装備が採用されていたのでしょうか?

先日、このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)の内装・インテリアの様子を
確認してきたので、詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO内装レビュー:インパネ編

オーテックジャパンから新発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)の
内装・インパネは、このようなデザインになっています。

ノートe-POWERNISMO画像-0305

このe-POWER NISMO(NISMO)では、ブラックをベースにレッドをアクセントカラーに
使用したスポーティーなモデルの内装・インパネのデザインに…。

シフトレバーや送風口に施されたレッドのアクセントカラーが印象的ですよね。

■e-POWER NISMOのシフトレバー

ノートe-POWERNISMO画像-0079

■e-POWER NISMOの送風口

ノートe-POWERNISMO画像-0087

また、インパネの中央に刻まれているNISMOのロゴがオーナーの所有感を
満たしてくれるように感じました。

e-POWER NISMOのインパネの質感は意外に良いかも…

ノートe-POWERNISMO画像-0336

また、実際にノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)を見て、
良いと思ったのが、インパネの質感。

最近は薄型のインパネが人気ですが、このノート e-POWER(NOTE e-POWER)の
インパネはボテッとしたデザインになっており、スタイリッシュさに欠ける
(簡単に言うと、ちょっと古臭い)デザインだなと感じていました。

■ノーマルモデルのノートのインパネ

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-1853

ただ、このe-POWER(eパワー)のインパネは、ブラックと赤を基調にした
スポーツモデルのデザインと意外とマッチ。この古臭さが逆に良い味を出している感じが…。

質感の高さは感じられないe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)のインパネですが、
スポーツモデルらしさを感じるこのデザインは、なかなか良いなと思いました。

ノートe-POWER NISMO内装レビュー:シート編

ブラック×レッドカラーを採用したノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)の
内装・インテリアと同様に注目なのが、NISMO専用のデザインになっているシート。

今回新しく発売されたe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)に標準装備されている
シートは、このようなデザインのスポーツシートを採用。

■e-POWER NISMOのスポーツシート

ノートe-POWERNISMO画像-0476

ちなみに、こちらはベースとなっているノーマルモデルの
Xグレードのフロントシート。

■ノートe-POWER Xグレードのシート

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power%e7%94%bb%e5%83%8f-0997

このように見比べると、シートのデザイン・骨格が全く異なるのが分かりますよね。

ノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)に標準装備されている
スポーツシートは、サイドサポートがしっかりとしている本格的なシートに…。

ただ、座面や背もたれにしっかりとクッション性を持たせているため、
座面が結構硬くクッション性に乏しいスポーツシートが苦手な人でも十分に
満足できる座り心地になっているように感じました。

また、シートの背もたれに刻まれているNISMOロゴも、ドライバーの
ワクワク感を駆り立ててくれるように感じました。

ノートe-POWERNISMO画像-0498

メーカーオプションでレカロシートに変更も…

また、今回新しく発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)は、
レカロ(RECARO)社と共同開発をしたセミバケットタイプのスポーツシートも
用意されています。

このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)に装備できるレカロシートは、
このようなデザインになっています。

ノートe-POWERNISMO画像-0776

私も実際にこのレカロシートに座ってみたのですが、標準装備されている
シートよりもサイドの張り出しが大きく、また、座面も硬めの座り心地に…。

ちなみに、メーカーオプション設定になっているレカロシートの
オプション価格は、約27万円。

このホールド性とサポート性が増したノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)の
レカロシートも良いと思いましたが、普段使い目的なら標準装備されている
スポーツシートでも十分かなと思いました。

e-POWER NISMOの後部座席はどんなデザイン?

このようにしっかりとしたクッション性とホールド性を兼ね備えた
フロントシートを採用していたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)ですが、
後部座席のデザインは、どうだったのでしょうか?

このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)の後部座席を確認したところ、
このようなデザインになっていました。

ノートe-POWERNISMO画像-0568

フロントシートと同様にスエード素材のブラックカラーのシートを採用。

ルーフやピラー、ドア内側パネルのカラーもブラックになっているので、
後部座席に座ると、ノーマルモデルよちも圧迫感・窮屈感を感じます。

ノーマルモデルよりも劣るe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)の後部座席の
居住性・快適性は、若干気にある部分でもありました。

ノートe-POWERNISMO画像-0456

今回オーテックジャパンから新発売されたノートe-POWER NISMONISMO)の
内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)の内装、インテリアは、ブラック貴重で、
レッドのアクセントカラーを取り入れたスポーティなデザインに…。
また、サポート力がアップしたスポーツシートの座り心地も好印象でした。

内装のデザインだけではなく、シートの座り心地も含めて、ーマルモデルよりも
今回新発売されたe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)の方が、個人的には好みでした。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です