ノートe-POWER NISMOのスポーツシート画像レビュー【専用のデザインに注目】


xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00162

専用の装備とチューニングを施したノートe-POWERのスポーツモデル“NISMO”が、
日産から新発売されましたね。

今回新発売されたこのノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)は、
ブラックを基調に赤をアクセントカラーに使用しスポーティーさを強調した
内装・インテリアに…。また、ハンドル・ステアリングホイールなども
専用デザインになっているのが、好印象でした。

また、このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)で良いと思ったのが、
専用デザインのシート。

この新型モデルに採用されているシートは、ブラックを基調としており、
スポーティーなデザインに…。ただ、ガチガチに硬いのスポーツシートではなく、
普段使いも考慮したデザインになっているのが、好印象でした。

そんなノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)に採用されている
スポーツシートは、どのようなデザインなのか?また、後部座席はどの
ようなデザインだったのか?

先日、このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)を試乗してきた際に
シートのデザインや座り心地をチェックしてきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMOのシート画像レビュー:フロントシート編

今回日産から新発売されたノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)の
運転席や助手席などフロントシートは、このようなデザインになっています。

■ノートe-POWER NISMOのフロントシート

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00474

インパネなどのデザインと同様にこのe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)の
シートは、ブラックを基調にアクセントカラーにレッドを採用。

また、背もたれの中央には、このように”NISMO”のロゴが刻まれており、
オーナーの所有満足度を高めてくれるように感じました。

正しい姿勢にいざなうe-POWER NISMOのシート

このようなデザインになっているノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)の
専用シートですが、このシートの一番の特徴と言えば、何といってもサイドサポート。

このモデルに採用されているシートのサイドサポートは、標準モデルの
シートのものよりもかなり大きめ。

このようにe-POWER NISMOと標準モデルの運転席を見比べると、
サイドサポートの張り出しの違いが明らかです。

■ノートe-POWER NISMOのフロントシート

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00490

■ノートe-POWER 標準モデルのフロントシート

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-1766

そして、私がこのクルマを試乗していて特に違いを感じたのは、
お尻から太もも当たりのサポート。

足まわりのサイドサポートが大きいためノーマルモデルよりも乗り降りが
しにくいのが欠点・デメリットですが、座面のサイドサポートがお尻から
太ももをしっかりと支えてくれます。

なので、このクルマの運転席に座ると、骨盤が立ち、自然と正しい姿勢で
運転できる感じが…。そして、この姿勢の良さが、長時間ドライブの疲労の
軽減にも繋がるのかなと、試乗をしていて感じました。

座り心地も好印象

今回、日産から新発売されたノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)は、
普段使いも考慮したデザインになっているため、座り心地も良好。

サイドサポートがしっかりとしているので、運転席や助手席に座ってみると
若干タイトさを感じます。ただ、この適度なタイトさが、運転中の姿勢を
正してくれるので、個人的には好印象。
(恰幅の良い人だと、若干の窮屈さを感じるかもしれませんが…。)

また、座面のクッションもノーマルモデルのものよりも、座った時の
沈み込みが少ない低反発のものを採用。

シッカリとしていて、スポーティーさを感じるデザインになっているものの
クッションの厚みや柔らかさも感じられる座り心地に…。

このノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)に標準装備されているシートは
ガチガチに硬いスポーツシートではないので、普段使いにこのクルマを
購入する人でも、不満なく乗れる座り心地になっているのかなと思いました。

ちなみに、ノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)はメーカーオプションで、
レカロシートも用意されています。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00774

しかし、普段使い目的でこのe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)を購入するのなら、
レカロシートではなく、この標準装備されているスポーツシートでも十分なのかなと
思いました。

ノートe-POWER NISMOのシート画像レビュー:後部座席

今回新しく発売されたノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)の
後部座席は、このようなデザインになっています。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00422

フロントシートと同様にブラックカラーのシートデザインになっているため、
後部座席まわりもかなり引き締まった印象が…。

ただ、運転席などフロントシートと比較して、このモデルの後部座席は
シンプルな印象が…。なので、このクルマの後部座席に関しては、若干
物足りなさを感じてしまいました。

また、このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)の後部座席の座り心地に関しても、
良いとは言えず、ちょっと物足りなさを感じてしまいました。

もしこのモデルの後部座席の座り心地について、もう少し詳しく知りたい方は、
コチラの記事をご覧ください。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00474

今回、日産から新発売されたノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)の
シートは、このようにスポーティなデザインに…。

また、フロントシートはサイドサポートがしっかりとしていて、
長時間ドライブでも疲れにくいデザイン・座り心地になっているように感じました。
ただ、その一方、後部座席のシートデザイン&座り心地には、少々物足りなさを
感じてしまいました。

このノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)に標準装備されているシートは
専用デザインとなっているため、座り心地やフィット感が全く異なります。

もしどちらのモデルを購入しようか迷っている場合は、ぜひとも
両方のモデルの乗り比べをして、座り心地の違いを実感してみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です