ノートe-POWER NISMOのタイヤ【標準装備のメーカー&サイズを確認してきた】


xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00643

専用の装備を採用したノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)
オーテックから新発売されましたね。

私も先日、このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)を試乗してきたのですが、
アクセルを踏み込んだ時のレスポンスやどっしりとした重厚感のある
乗り心地の良さにビックリしました。

その足回りを支えているのが、タイヤ&ホイール。

実はこのノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)に標準装備されている
タイヤ&ホイールのデザインやメーカーは、ノーマルモデルと異なります。
また、ガソリン車の”NISMO S(ニスモ S)”とも異なります。

今回オーテックから新発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)に
標準装備されたタイヤ&ホイールは、どのようなデザインになっているのか?
また、どのメーカー&ブランドのタイヤが装着されているのか?

先日、このクルマを試乗してきた際に”e-POWER NISMO(ニスモ)”に標準装備
されているタイヤ&ホイールをしっかりと確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日産ノートe-POWER NISMOのタイヤ画像レビュー

先ほども申し上げた通り、今回日産から発売されたノートe-POWER NISMOの
タイヤ&ホイールは、ノーマルモデルと異なる専用デザインのものを装着してます。

そんなe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)のタイヤ&ホイールは、
このようなデザインになっていました。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00228

ブラック塗装された細いスポークが、インパクトがありますね。

ちなみに、こちらはこのクルマのベースになっているノーマルモデルの
タイヤ&ホイールのデザイン。

■ノートe-POWER メダリストのタイヤ&ホイール

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-0363

ベースとなっているノーマルモデルのタイヤ&ホイールも悪くは無いのですが、
良くも悪くもコンパクトカーのホイールと言った感じ…。

ベースとなっているノーマルモデルのタイヤ&ホイールと比較すると、
ノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)の方が、スポーティーで
引き締まった印象のあるデザインになっているように感じました。

タイヤサイズも異なる

今回新しく発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)と、
ベースとなっているノーマルモデルでは、タイヤサイズも異なります。

■e-POWER NISMOとベースモデルのタイヤサイズ比較
・e-POWER NISMOのタイヤサイズ
195/55R16
・ノーマルモデルのタイヤサイズ
メダリスト/Sグレード…185/65R15
Xグレード           …185/70R14

ノーマルモデルのメダリスト(MEDALIST)に標準装備されているタイヤと比較して、
このノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)は、一回り大きなタイヤを
標準装備。

実際にe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)とノーマルモデルをサイドから
見比べてみても、タイヤサイズの違いは一目瞭然。

■e-POWER NISMOの外装・エクステリア

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00138

■ノートe-POWERメダリストの外装・エクステリア

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-0348

この事もe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)と標準モデルの乗り心地の違いに
大きな影響を与えているのかなと、思いました。

e-POWER NISMOに標準装備されているタイヤメーカー&ブランドは?

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00232

このようにノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)に標準装備されている
タイヤはノーマルモデルよりも一回り大きくなっていましたが、装備されている
タイヤメーカー&ブランドも異なりました。

このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)に標準装備されているタイヤメーカー&
ブランドを確認したところ、このようになっていました。

■e-POWER NISMOに標準装備されているタイヤメーカー
ヨコハマタイヤ DNA Sドライブ(DNA S.drive)

ちなみに、ノーマルモデルやガソリン車の”NISMO S”に標準装備されている
タイヤメーカー&ブランドは、このようになっていました。

■ノーマルモデルに装備されているタイヤ
・ブリヂストン B250

■ノート NISMO Sに標準装備されているタイヤ
・ブリヂストン ポテンザ S0007 (PTENZA S0007)

このしく発売された日産のノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)に
標準装備されているタイヤ”DNA S.drive”は、標準モデルに搭載されている
低燃費タイヤと異なり、グリップ性能とコストパフォーマンスの良さが特徴です。

実際にこのe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)を試乗していても、タイヤの
グリップ感や接地感がノーマルモデルと別次元。

カーブを曲がった時の安定感&ふんばりが格段に良くなっているのが、運転をした
瞬間にわかる乗り心地になっていて、とても快適性でした。

また、ヨコハマタイヤの”DNA S.drive”はグリップ力だけではなく、低燃費性や
コンフォート性もしっかりと兼ね備えています。なので、このe-POWER NISMOを
普段使いのクルマと考えている人に、ピッタリのタイヤなのかなと思いました。

xn----kgura8pu22mjp0aokwufa-00228

今回日産から新発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)に
標準装備されているタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっていました。

また、このe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)とノーマルモデルに標準装備
されているタイヤは、サイズだけではなく、装備されているメーカー&ブランドも
異なっていました。

なので、乗り心地やグリップ感、タイヤの接地感が全く異なります。

もしヨコハマタイヤの”DNA S.drive”を標準装備をしたノートe-POWER NISMOと
ノーマルモデルの乗り心地やグリップ感の違いが気になるのなら、ぜひとも
ディーラーさんで試乗をしてみてくださいね。

個人的にはノーマルモデルよりもe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)の乗り味の方が好みでした。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です