ランクル200 ZXとGXグレードを比較1|外装・外観は何が違う!?


ランクル200画像0001

2015年8月トヨタの高級SUV新型ランクル200(ランドクルーザー200)
ビッグマイナーチェンジを行いました。

この新型ランクル200(ランドクルーザー200)で現在のところ一番人気の
グレードは、最上位グレードのZXグレード。

ただディーラーさんの話によると、5人乗りの最下位グレードの
GXグレードもまずまずの売れ行きのようです。

そんな新型ランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードですが、
先日お台場にあるメガウェブ(MEGA WEB)で展示されていました。

ただ新型ランクル200(ランドクルーザー200)の最上位グレードの
ZXグレードと最下位グレードを比べると、外観・エクステリヤのデザインや
装備も異なりますね。

新型ランクル200(ランドクルーザー200)の最下位グレードのGXグレードの
写真・画像もたくさん撮らせてもらったので、ZXグレードとの外装の違いを
比べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ランクル200 ZS/GXグレードの外観の違い

正面から

今回、私が見せてもらった新型ランクル200(ランドクルーザー200)の
最下位グレードGXグレードの正面からの様子は、このようになっています。

ランクル200GX画像0015

ちなみに、今回見せてもらったGXグレードのカラーはカッパーブラウンマイカ。
ボンネットフードの中央が凹んでいるデザインや押し出し感が強くなった
フロントグリルのデザインは、全く一緒。

そして、こちらが最上位グレードのZXグレード。

ランクル200ZX画像0001 ランクル200ZX画像0002

しかし、この2つのグレードは付いている装備や機能が多少異なりました。

違い1:ヘッドランプの機能

今回ビッグマイナーチェンジをした新型ランクル200(ランドクルーザー200)の
ZXグレードとGXグレードでは、ヘッドライトの機能が違いました。

こちらが最上位グレードのZXグレード。

ランクル200画像0042

そして、こちらが最下位グレードのGXグレードのヘッドライト。

ランクル200GX画像0014

新型ランクル200(ランドクルーザー200)のヘッドライトの雰囲気は
それほど大きな違いがありませんよね。
しかし、この2つでは機能が異なります。

最上位グレードのZXグレードのヘッドライトは、ハイビーム・
ロービームともにLEDライトを採用。

実際にヘッドライトを点灯させるとこのようになります。

ランクル200画像0037

一方、新型ランクル200(ランドクルーザー200)の最下位グレードの
GXグレードのヘッドライトはロービームのみLEDライトを採用。

ちなみに、新型ランクル200(ランドクルーザー200)のハイビームには
ハロゲンランプが採用されていました。

ランクル200GX画像0015

実際の点灯時の様子を見るとZXグレードの方が良いように感じました。

違い2:フォグランプの有無

また、新型ランクル200(ランドクルーザー200)のZXグレードと
GXグレードの違いの一つがフロントフォグランプが装備されているかどうか。

最上位グレードのZXグレードにはこのようにフロントフォグランプが
標準装備されています。

ランクル200画像0039

一方、下位グレードのGXグレードでは、フォグランプが
標準装備されていません。

なので、GXグレードではこのようにフォグランプカバーが付いていました。

ランクル200GX画像0017

フォグランプは安全に運転するためにも重要ですが、
やはりこのように2台を比べると、フロントマスクの迫力が
違うように感じました。

横からのデザインの違い

新型ランクル200(ランドクルーザー200)のZXグレードとGXグレードでは、
横からのデザインも全く異なります。

こちらが最上位グレードのZXグレードの横からのデザイン。

ランクル200画像0016

そして、コチラがGXグレードの横からのデザイン。

ランクル200GX画像0011

ZXグレードのサイドからのデザインには、メッキ調のパーツが
多く使用されている印象をもちました。
なので、こちらのグレードの方が高級感があるように感じました。

新型ランクル200(ランドクルーザー200)のZXグレードとGXグレードでは、
このような違いがありました。

違い1:タイヤ&ホイール

このモデルのZXグレートとGXグレードの一番の違いといえば、
タイヤ&ホイールのデザイン。

この2つのグレードではアルミホイールのデザインだけではなく、
タイヤサイズも異なっていました。

新型ランクル200(ランドクルーザー200)のZXグレードではこのような
デザインになっています。

ランクル200画像0022

このZXグレードに装備されているのは、アルミホイール。
また、この新型ランクル200(ランドクルーザー200)のZXグレードに
搭載されていたのは、20インチタイヤ(285/50R20)でした。

このグレードに搭載されている切削加工がオシャレで、
モデルチェンジをしてスタイリッシュになった新型ランクル200の
ボディデザインにピッタリでした。

一方、下位グレードGXグレードでは、
このようなタイヤ&ホイールデザインになっていました。

ランクル200GX画像0003

今回、このグレードに装備されていたのは、スチールホイール。
また、このGXグレードのタイヤサイズは17インチでした。
(正式なサイズは、275/65R17)

実際にこのグレードのスチール製のホイールを見てみると、
ZXグレードと比べると、ゴツゴツとしたワイルドな印象を持ちました。

また、このホイールのデザインとタイヤサイズの違いで
新型ランクル200(ランドクルーザー200)の印象がだいぶ違うように感じました。

違い2:サイドプロテクションモールの有無

また、新型ランクル200(ランドクルーザー200)のZXグレードとGXグレードの
違いの一つが、サイドプロテクションモールの装備の有無。

サイドプロテクションモールとは、ステップの上にあるメッキ調の
ガーニッシュの事。

ランクル200画像0077

最上位グレードのZXグレードでは、このように”LAND CLUISER”と
描かれているサイドプロテクションモールを装備

ランクル200画像0082

一方、買いグレードのGXグレードでは、このサイドプロテクションモールが
装備されていませんでした。

やはりこのサイドプロテクションモールが装備されているのと
されていないのでは、クルマの見た目の印象が違いますよね。

ランクル200画像0016

ランクル200GX画像0011

やはりメッキ調のサイドプロテクションモールが装備されている方が
オシャレになっているように感じました。

違い3:ドアノブ

新型ランクル200の最上位グレードのZXグレードとGXグレードを比べてみて、
ちょっと驚いた小さな違いの一つがドアノブのデザイン。

新型ランクル200(ランドクルーザー200)の最上位グレードのZXグレードでは、
このようにメッキ調のドアノブを採用。

ランクル200画像0080

一方、こちらはGXグレードのドアノブのデザイン。

ランクル200GX画像0010

このGXグレードのドアノブは、ボディカラーと全く同じ
カッパーブラウンマイカのカラーになっていました。

このメッキ調のドアノブのデザインとサイドプロテクションモールの
有無が、このクルマの横からの見た目の違いに影響を与えているのかなと
思いました。

後ろからのデザインの違い

新型ランクル200(ランドクルーザー200)のZXグレードとGXグレードの
リヤ(後ろ)からのデザインは、このようになっています。

こちらがZXグレード。

ランクル200画像0127

そして、こちらがGXグレード。

ランクル200GX画像0007

リヤコンビネーションランプにLEDライトを採用しているのも同じ。
大きな違いはありません。

ただ、この2つのグレードで唯一異なる部分がありました。

違い1:リヤスポイラー

新型ランクル200(ランドクルーザー200)nの最上位グレードZXグレートと
GXグレードの唯一の違いがリアスポーラー。

ZXグレードに装備されているリヤスポイラーのデザインは、
このようになっています。

ランクル200ZX画像0003 

ちなみに、こちらがリヤスポイラーを装備していないGXグレード。

ランクル200GX画像0018

やはりリヤ(後方)の迫力が異なりますね。

このように新型ランクル200(ランドクルーザー200)のZXグレードと
GXグレードの外観・エクステリアを比べてみると、機能や装備が
全く異なりました。

機能性だけを求めるならGXグレードでも十分だと思います。
しかし、見た目のオシャレさを求めるならZXグレードの方が
良いと思いました。

>>> ランクル200 GXとZXグレードを比較2 内装の質感の違いはコチラから

GXグレードも長く楽しむために

さて、GXグレードは機能性重視と先ほど述べましたが
もちろん見た目を少しでも綺麗に乗りたい方も多いですよね。
そんな方にお勧めなのが「コーティング一括見積り ESCOAT(エスコート)」というサイト。
カーコーティングは、手軽に始められて綺麗さも長持ちするメンテナンス方法の一つです。
あなたの予算や要望に合ったコーティングを複数の業者が同時に見積る「ESCOAT」なら、
金額を比較して選べるので安心ですね。
豆知識やコーティングの種類、各パーツ別のコーティングについても詳しく書かれていて
読み物としてもなかなかオススメできます。興味のある方はぜひ一読を!
>>> 車コーティング一括見積り ESCOATへ

ランドクルーザーの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です