試乗で気付いた新型イグニスの視界の良し悪し。気になった事とは?


新型イグニス画像0119

スズキから1.2リットルエンジンサイズの小型SVU新型イグニス(IGNIS)
遂に新発売されましたね。

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)を早速試乗させてもらったのですが、
パッソやヴィッツなど競合車と比べても横幅が小さいため車両感覚が掴みやすい。

とても運転がしやすいクルマになっている印象を持ちました。

ただ少し気になったのは、視界性・・・。

実際に新型イグニス(IGNIS)を2度ほど試乗させてもらったのですが、
視界に関してはちょっと残念に感じてしまった事もありました。

今回新しく発売された新型イグニス(IGNIS)の視界性の良かった部分、
また、少し気になった部分を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ケース1:新型イグニスの前方の視界

私が実際に新型イグニス(IGNIS)を試乗した感じでは、前方の視界は
なかなか良いように感じました。

前方の視界が良いと感じた理由の一つは、運転席の位置。

新型イグニス画像0158

今回新発売された新型イグニスは最低地上高が180mmとなっており、
また、運転席などフロントシートの着座位置(ヒップポイント)は615mmとかなり高め。

どうやら今回新発売されたこのクルマの運転席の高さは、一回り大きい
ホンだSUVヴェゼル(Vezel)などと同じくらいの高さになっています。

ヴェゼル画像0001

ヴェゼル画像0061

このクルマの運転席・視界の高さは、シートに座ってみるとスグに気が付くレベル・・・。
同じサイズのパッソやヴィッツ・マーチとは運転席や視界の高さが全く異なり、
運転席に座った際、前方の景色が全く異なって見えました。

新型イグニス画像0154

運転席から見渡す視界の良さは、ホンダのヴェゼルや同じスズキから発売されている
SX4 Sクロス・新型エスクードとまったく遜色がない様に感じました。

実際にこの新型イグニス(IGNIS)を試乗してみると、
他のコンパクトカーよりも周囲をしっかりと見渡せるのでストレスフリー^^

しかも、ヴェゼルや新型エスクードなどと異なりボディサイズも小さく
小回りも効くので、運転は本当にしやすかったです。

また、この新型イグニス(IGNIS)は運転席が高いと視界が良いため、
事故の防止・予防にも役に立つのかなと思いました。

前方の視界で気になった点は・・・

このように運転席が高く運転がしやすいように感じた新型イグニスですが、
ちょっと気になったのは、斜めの視界。

こちらの記事でも書きましたが、サイドミラー部分が黒いパネルで
覆われているため、斜め前方の視界はちょっと大きめのような気がしました。

>>> イグニスを試乗して気が付いた3つの欠点&不満

新型イグニス画像0153 新型イグニス画像0152

新型イグニス(IGNIS)はAピラー付近は死角が大きく歩行者が死角に
入ることも考えられるので、横断歩道を右左折する際は、少し注意が
必要なのかなと思いました。

また、車高の高さの割にもサイドミラーが小さく死角が多いのも
新型イグニス(IGNIS)を試乗していてちょっと気になりました。

新型イグニス画像0150

ケース2:新型イグニスの後方の視界

運転席が高く新型イグニス(IGNIS)の前方の視界は概ね良いと思ったのですが、
試乗をしていて気になったのは、後方視界。

新型イグニス(IGNIS)は後方の視界はあまり良いようには感じられませんでした。
私が気になった点は、次の2つ。

欠点・不満1:リヤウィンドウが小さい

このクルマを試乗していて気になったのですが、バックウィンドウが
思ったよりも小さいこと。

運転席から見た新型イグニス(IGNIS)のリヤウィンドウのデザインは、
このようになっています。

新型イグニス画像0156

このように見るとちょっと狭いですよね。

あえて片方のヘッドレストを上げて写真撮影をしてみたのですが、
思ったよりもリヤウィンドウが隠れる印象を持ちました。

試乗をしていて、後部座席に同乗者がいるとかなり後方の視界が
遮られるのかなと思いました。

また、トノカバーも思ったよりも視界に入っているように感じました。

そして、このリヤウィンドウで特に気になったのは横幅のサイズ。
このように新型イグニス(IGNIS)は横幅サイズが狭くなっており、
Cピラーまわりの死角が多くなっているように感じました。

新型イグニス画像0157

個人的にはこのCピラーまわりのデザインをスッキリとして、
リヤウィンドウの横幅ももう一回り大きくしても良かったのかなと思いました。

欠点・不満2:後部座席横のサイドウィンドウのデザイン

また、後方の視界の悪さに影響を与えているのが、新型イグニス(IGNIS)の
サイドウィンドウのデザイン。

新型イグニス画像0125

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)を横からみるとこのような
デザインになっており、後部座席横のサイドウィンドウの下端が
持ち上がっているようなデザインになっております。

そして、このサイドウィンドウを車内から見るとこのようなデザインに
なっております。

新型イグニス画像0162 新型イグニス画像0160

ボディカラーと同じ色のパネルが埋め込まれているデザインに・・・。
このデザイン自体はワンポイントになっており、オシャレで良いと思います。

しかし、サイドウィンドウのデザインのおかげでさらに死角が
大きくなっているなと感じました。

最近発売されたクルマでは、斜め後方から接近する車両を検知し、サイドミラーに
装備されたインジケーターや警報音お知らせをしてくれる後側方軽快支援システムが
付いているものもあります。

オデッセイハイブリッド画像0181

しかし、今回新発売された新型イグニスでは、このような機能は装備されていません。

高速道路を運転する際やバックで駐車場やパーキングから出る際は、
斜め後方の視界はあまり良くないので、特に注意をする必要があるのかなと思いました。

新型イグニス画像0161

私が今回新発売された新型イグニス(IGNIS)は前方の視界は良いものの、
デザインを優先したためか後方の視界に関してはあまり良いように感じませんでした。

私個人が気になったのは、特に斜め後方の視界。
もしこれから新型イグニス(IGNIS)を試乗する方は、視界の良し悪しについても
しっかりと確認してみてくださいね。

また、このように新型イグニス(IGNIS)は後方の視界はあまり良くないので、
ディーラーオプションナビに装備できる全方位モニターやバックカメラは
必須のオプションなのかなと思いました。

>>> 新型イグニスの試乗の感想 乗り心地とロールを徹底レビューはコチラから

>>> 新型イグニスを試乗して分かった アンドリング ストップの良い点と悪い点とは?

視界に関してはちょっと残念だった部分がありましたが、乗り心地や静寂性は
とても良かったですよ。

イグニスの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です