ハリアーの特別仕様車”スティールモーヴ”|内装や外装の違いは?


ハリアー0002

トヨペットから発売されている人気SUVのハリアー(Harrier)
このハリアーの特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”
2015年6月に発売予定になっています。

もうすでにハリアー(Harrier)の価格は発表されていますが、
標準モデルよりも10万円程度高くなっています。

>>> ハリアー特別仕様車Style Mauveの価格はコチラから

ちょっと価格は高めの設定になっていますが、
その分、機能や装備は良くなっています。

そんなハリアー特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”と
標準モデルの機能や装備の違いを紹介します。

スポンサーリンク

外装

ハリアー特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”では、ハリアー0003
専用18インチアルミホイールが装備予定となっています。

ハリアー特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”で装備されてるアルミホイールサイズは、ハリアー(Harrier)のプレミアムグレードやアドバンスパッケージと同じ18インチサイズのアルミホイールを装備されます。

しかし、ハリアー特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”では、
専用の切削加工&ブラック塗装されたよりスタイリッシュな
デザインのアルミホイールになっているみたいです。

内装

■シート

ハリアー特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”のシートは、
ブラック調になるようです。
そして、シート素材はスウェード調のような柔らかな素材のアルカンターラと合成皮革が採用されるようです。

また、ステッチには特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”専用の
ダークバイオレットカラーのステッチが採用されるみたいです。

標準モデルよりも高級感のあるデザインになりそうで、
ちょっと楽しみですよね。

■インパネ/ドアトリム

ハリアー(Harrier)のインパネやドアトリムには、
特別仕様車の名前にもなっているスティールモーブカラーが
採用されているようです。

ハリアー0001

また、インパネやドアトリムには、
濃い紫色のダークバイオレットカラーのコンソールステッチが
採用されているみたいです。

ちなみに、このスティールモーブカラーとは、
青味の強い濃い紫色の事。

ディーラーさんの話では、
大人っぽい落ち着いたカラーになっているようです。

■シートベルト

ハリアー特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”では、
シートベルトも専用のダークバイオレットカラーになっているようです。

■ステアリング

ハリアー0007
ハリアー特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”のステアリングハンドルは、標準モデルと異なり、ピアノブラック調の加飾が施されているようです。

標準車でも本革の落ち着いた雰囲気がありましたが、さらに高級感のあるデザインになっていそうですよね。

■ドアスイッチベース/シフトパネル

ハリアー0006
ハリアー(Harrier)の標準車が木目調のパネルだったのに対し、ハリアー特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”では、ファシネイトブラック加飾されたデザインに・・・。

ファシネイトブラック加飾はあまり耳慣れない言葉ですが、ピアノブラックをベースにしているデザインで、
青紫カラーを基調にした淡いオーロラ模様になっているみたいです。

ディーラーさんの話によると、木目調パネルよりもさらに
高級感のあるデザインになっているみたいです。

なかなかイメージはしづらいですが、ちょっと楽しみですよね。

■フロアマット(ディーラーオプション)

ハリアー(Harrier)では、ブラック調のフロアマットが採用されていましたが、
ハリアー特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”では、
専用カラーのフロアマットを用意しているみたいです。

ハリアー(Harrier)で用意されたフロアマットの専用カラーは、
内装にあわせたダークバイオレット。

純正のフロアマットよりも
高級感のあるデザインになっていそうですね。

ハリアー(Harrier)の標準車はブラック調のデザインが基調になっていました。

しかし、今回発売されるハリアー特別仕様車”Style Mauve”は、
その名の通り濃いパープルが基調になったちょっと大人っぽいデザインに
なっていそうですね。

実際にハリアー特別仕様車”Style Mauve(スティールモーヴ)”を見に行ってきました。
特別仕様車の内装・インテリアはコチラから

>>> ハリアー 特別仕様車 内装

ハリアーの中古車を見る


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です