マイチェン後のラゲッジを確認!新型ハリアーの荷室画像レビュー


新型ハリアー画像-1446

洗練されたデザインが特徴のトヨタの高級SUVの新型ハリアー(Harrier)が、
2017年6月にビッグマイナーチェンジをして、新しくなりましたね。

今回のビッグマイナーチェンジでは、ターボ車と言う新たなモデルが
追加されただけではなく、内外装のデザインも一新。
よりスタイリッシュで高級感のあるデザインになっていました。

>>> 新型ハリアーの外装レビュー【マイチェンをした2017年モデルを徹底チェック!】

このように内外装のデザインが新しくなった新型ハリアー(Harrier)ですが、
荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やアレンジは、どうだったでしょうか?

先日、マイナーチェンジをして新発売された新型ハリアー(Harrier)の
荷室・ラゲッジルームの広さや使い勝手などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型ハリアーの荷室画像レビュー:開口部編

今回ビッグマイナーチェンジをチェンジをして新発売された新型ハリアー(Harrier)の
後ろ姿(リヤ姿)は、このようなデザインになっています。

新型ハリアー画像-0294

そして、この新型モデルのバックドアを開けてると、このような感じ。

新型ハリアー画像-0945 新型ハリアー画像-0944

開口部も広く、また、イビツな形になっていないため、荷物の
積み下ろしがしやすい感じが…。この荷室開口部の広さは、十分に
満足できるレベルになってりうように感じました。

パワーバックドアを標準装備

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ハリアー(Harrier)の荷室・
ラゲッジスペースは、運転席やバックドア、スマートキーに搭載されている
スイッチで自動開閉できる”パワーバックドア”をエレガンス以外のグレードに標準装備。

■バックドアのスイッチ

新型ハリアー画像-0975

■運転席のパワーバックドアスイッチ

新型ハリアー画像-0181

■新型ハリアーのスマートキー

新型ハリアー画像-1324

競合車・ライバル車の一つでもある日産のエクストレイル(X-TRAIL)に
装備されている足の出し入れで開閉できるハンズフリーオートバックドアの
ようなギミックは用意されていません。

>>> 【関連記事】日産 新型エクストレイルの荷室・ラゲッジスペース実車画像レビュー

ただ、バックドアを開けた時の高さを記憶できる機能や、閉じ終わりを
待たずにドアロックを作動できる予約ロック機能などが搭載されており、
操作性&使い勝手はとても良いように感じました。

新型ハリアーの荷室画像レビュー:内部編

このような荷室開口部になっていた新型ハリアー(Harrier)の荷室・ラゲッジスペースですが、
荷室・ラゲッジスペースの内部に目を移してみると、このようなデザインになっていました。

■新型ハリアーの荷室・ラゲッジスペース

新型ハリアー画像-0942 新型ハリアー画像-0941

基本的なデザインは、マイナーチェンジ前のモデルと一緒。

ステンレス製のフィニッシュプレートが装備されており、カンタンに荷物を
移動できるので、重たい荷物の積み下ろしもしやすいように感じました。

新型ハリアー画像-0971

広い床下収納(サブトランク)は、要注目!

また、先代モデルと同様に新型ハリアー(Harrier)では、デッキボード下に
広い床下収納(サブトランク)を用意。

デッキボードを持ち上げてみて、確認してみると、このような感じ。

■新型ハリアーの床下収納(サブトランク)

新型ハリアー画像-0954 新型ハリアー画像-0957

この新型モデルの床下収納(サブトランク)は、かなり広いですよね。
このトレーを持ち上げた時の床下収納の深さ&広さも魅力的に感じました。

荷室のアレンジパターンはどのような感じ?

このようなデザインになっている新型ハリアー(Harrier)の荷室・ラゲッジスペースですが、
アレンジパターンは、このように比較的シンプルなもののみとなっています。

■新型ハリアーの荷室アレンジ

新型ハリアー画像-1012 新型ハリアー画像-0984 新型ハリアー画像-0992

ちなみに、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、
1,830mmとなっています。

後部座席の背もたれ部分が荷室・ラゲッジスペースの手前よりも高くなっており、
若干手前下がりになっているのが気になりましたが、成人男性が車中泊をするのにも
十分な広さを確保しているように感じました。

ラゲッジスペースには、アクセサリーコンセントを装備可能

新型ハリアー画像-0944

また、新型ハリアー(Harrier)では、荷室・ラゲッジスペースの左側に
メーカーオプション設定となっているアクセサリーコンセントを
ガソリン車/ターボ車/ハイブリッド車のすべてのモデルで装備する事ができます。

ただ、この新型ハリアー(Harrier)に装着できるアクセサリーコンセントは、
ガソリン車/ターボ車は100W、ハイブリッド車は1500Wと対応できる電力が
異なるので、注意をしてくださいね。

また、メーカーオプション価格もガソリン車/ターボ車/ハイブリッド車で
異なるので、注意をしてくださいね。

■新型ハリアーのアクセサリーコンセントのオプション価格
ハイブリッド車:159,840円
ガソリン車      :  8,640円
ターボ車         :  8,640円

ちなみに、ディーラーさんに話を聞いたら、アクセサリーコンセントの
装着率は、かなり高いみたいですよ。

私も新型ハリアー(Harrier)のターボ車の見積もりを貰った時、ディーラーさんの
おススメでアクセサリーコンセントを装備いたしました。

>>> 競合車よりも高め?新型ハリアー ターボの見積もりを大公開

新型ハリアー画像-0942

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ハリアー(Harrier)の荷室・
ラゲッジスペースの様子は、このようになっていました。

荷室フロアが防水加工になっていたり、足の出し入れだけで荷室の開け閉めが
できるハンズフリーオートバックドアを装備している日産の新型エクストレイルには
使い勝手が若干劣るかなと思いました。

ただ、新型ハリアー(Harrier)の荷室・ラゲッジスペースも十分に
満足できる広さや使い勝手を兼ね備えているなと思いました。
特に床下収納の広さは&使い勝手は、とても良いように感じました。

トヨタの人気SUV新型ハリアー(Harrier)の試乗に行かれる際は、
ぜひとも荷室・ラゲッジスぺースの広さや使い勝手にも注目をしてみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です