新型ハリアーのメタル レザーパッケージ【ノーマル車との3つの違いを実車画像で紹介】


新型ハリアー画像-0306

トヨペットから専売されている高級SUV新型ハリアー(HARRIER)が、
2017年6月にビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回ビッグマイナーチェンジをしたこの新型モデルでは、新グレードとして
プログレス(PROGRESS)を設定しました。

また、内装の上質感・高級感にこだわったメタル レザーパッケージという
モデルを最上位のプログレス(PROGRESS)とプレミアム(PREMIUM)に用意しました。

先日、新型ハリアー(HARRIER)の最上位モデルのプログレス(PROGRESS)の
メタル レザーパッケージを見る事ができたのですが、今までのモデルの
内装・インテリアよりも高級感のある洗練されたデザインに…。

そんな新型ハリアー(HARRIER)に新たに設定された”メタル レザー パッケージ”の
特徴やデザインを、実車画像を使って、わかりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型ハリアーのメタル レザーパッケージ画像レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ハリアー(HARRIER)の
ハイブリッド車のプレミアム(PREMIUM)のメタル レザーパッケージの
外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

新型ハリアー画像-0300 新型ハリアー画像-0319 新型ハリアー画像-0298 新型ハリアー画像-0492

そして、内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

新型ハリアー画像-0759 新型ハリアー画像-0644 新型ハリアー画像-0655 新型ハリアー画像-0796

ベースとなっているプレミアムグレードとメタル レザーパッケージでは、
外装・エクステリアのデザインに、違いはありません。

しかし、メタル レザーパッケージとノーマルモデルでは、内装・インテリアの
デザインや機能性に次の3つ若干の違いがありました。

違い1:シート素材

今回新しく設定された新型ハリアー(HARRIER)のメタル レザーパッケージと
ノーマルモデルの大きな違いの一つが、シートに使用されている素材です。

新型ハリアー画像-0679 新型ハリアー画像-0830

ハイブリッド車のプレミアム(PREMIUM)では、シートのメイン部分にファブリックを、
そして、サイドの部分に合成レザーを採用したコンビシートを標準装備しています。

それに対し、メタル レザーパッケージでは、一目見ただけでも質感の良さが
分かるプレミアムナッパ本革(ナッパレザー)を採用。

■メタル レザーパッケージのナッパレザー素材

新型ハリアー画像-0735 新型ハリアー画像-0733

やはり本革シートの方が、高級感があって良いですよね。

ノーマルモデルに標準装備されているファブリック×合成皮革のコンビシートでも、
新型ハリアー(HARRIER)らしい高級感を味わう事ができますが、本革シートを装備すると、
車格がワンランクもツーランクも上がったように感じます。

もし内装・インテリアの高級感&デザイン性にとことんこだわりたいのなら、
今回新たに設定されたメタル レザーパッケージは、ピッタリなのかなと思いました。

ちなみに、ターボ車のメタル レザーパッケージ(Metal & Leather Package)では、
このようにブラックに、赤いステッチがアクセントカラーに入ったスポーティーな
デザインのシートになります。

■ターボ車のメタル レザーパッケージのシート

新型ハリアー画像-1136 新型ハリアー画像-1218

違い2:センターコンソールのデザイン

また、今回新発売されたトヨタ新型ハリアー(HARRIER)のメタル レザーパッケージの
注目ポイントの一つが、センターコンソールのデザイン。

このメタル レザーパッケージ(Metal & Leather Package)では、シフトベース部分と
ドリンクホルダー&小物入れのリッド(蓋)の部分が、メタリック感のあるアルミヘア
ライン加飾が施されます。

■アルミヘアライン加飾が施されたセンターコンソール

新型ハリアー画像-0766 新型ハリアー画像-0545

この無機質な感じがオシャレですよね。
また、アルミ素材ならではのひんやりとした肌触りも、とても良いと思いました。

ブラックの内装色との相性はバツグン

このようなデザインになっているアルミヘアライン加飾ですが、
特に良いと思ったのは、ブラックの内装色との相性。

こちらは、ブラック×レッドをした新型ハリアー(HARRIER)のターボ車の
メタル レザー パッケージの内装インテリアなのですが、アルミヘア
ライン加飾を施したセンターコンソールが、ワンポイントアクセントに…。

新型ハリアー画像-1185

新型ハリアー画像-0190

また、レザーを多く採用しているハリアーの内装・インテリアは、上品だけど、
ちょっと甘い女性っぽい印象を持っていました。

しかし、今回私が見た無機質感のあるアルミヘアライン加飾を施した
ターボ車の内装・インテリアは、クールさを感じるちょっと辛口なテイストに…。

私のようにスタイリッシュなデザインを好む人にとっては、オシャレな
アルミヘアライン加飾は、お気に入りのデザインになるのかなと思いました。

違い3:シートの機能性

新型ハリアー画像-0655

新型ハリアー(HARRIER)のメタル レザーパッケージ(Metal & Leather Package)は、
シート素材やセンターコンソールのデザインのみが変わると思っている人も
多いようですが、シートの機能性&便利性が大きく向上します。

メタル レザーパッケージ(Metal & Leather Package)を注文すると、
運転席に次のような嬉しい機能が装着されます。

■メタル レザーパッケージで装着される嬉しい機能
・快適温熱シート&シートベンチレーション
・運転席8ウェイパワー&助手席4ウェイパワーシート
・4ウェイ電動ランバーサポート
・マイコンプリセットドライビングポジションシステム
・運転席オートスライドアウェイ

この中で私が特に良いと思ったのは、エンジンをOFFにすると、自動的に
シートを後ろにスライドして乗り降りをしやすくしてくれる運転席オート
スライドアウェイ機能(パワーイージーアクセス)が初搭載された事。

新型ハリアー画像-0646

今までのモデルにも、降りる際にハンドル・ステアリングが奥に格納される
オートチルトアウェイ&リターン機能がついていましたが、運転席自体が
移動をする運転席オートスライドアウェイ機能のおかげで、さらに乗り降りが
しやすくなった印象が…。

デザイン性だけではなく、これらの嬉しい機能がシートに装着される事も
新型ハリアー(HARRIER)の運メタル レザーパッケージ(Metal & Leather Package)の
魅力の一つなのかなと思いました。

新型ハリアー画像-0679

今回のトヨタ 新型ハリアー(HARRIER)ビッグのマイナーチェンジで追加された
メタル レザーパッケージ(Metal & Leather Package)の特徴を確認したところ、
このようになっていました。

このメタル レザーパッケージ(Metal & Leather Package)を装着すると、
内装のデザインやシートの座り心地が格段に良くなります。

また、快適温熱シート&シートベンチレーションや運転席オートスライド
アウェイ(パワーイージーアクセス)など快適に過ごせる機能や装備が装着
されるのも、見逃せないポイントだと思いました。

私は最初、メタル レザーパッケージ(Metal & Leather Package)はちょっと
高いなと思っていたのですが、使用されるシート素材や内装・インテリアの
デザイン、装着される機能を考えると、購入する価値のあるモデルなのかなと思いました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です