新型フリードプラスの荷室レビュー【多彩に使えるラゲッジを徹底解説】


%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1610

“スパイク”として発売されていた5人乗りモデルが新型フリードプラス
名前を変えて、新発売されましたね。

フロントマスクなど正面からの見た目はソックリな新型フリード(Freed)と
プラス(+)ですが、内装・インテリアは異なります。

>>> 新型フリードプラスの内装画像レビュー【3列シート車との違いを紹介】

特に異なるのは、荷室・ラゲッジスペース。

新型フリードプラス(Freed+)は、ただ単に3列目シートが取り外しただけではなく、
専用のデザインの荷室・ラゲッジスペースを採用。「コンパクトカーサイズで
こんなに荷物が積めるの!?」
と思うくらい、荷室・ラゲッジスペースは
広くなっていました。

そんなホンダ新型フリードプラス(Freed+)の荷室・ラゲッジスペースを
確認してきたので、実車画像を使って紹介したいと思います。

ホンダフリードの新車見積り

スポンサーリンク

新型フリードプラスの開口部を徹底チェック

今回新しく発売された5人乗りモデル新型フリードプラス(Freed+)の
後ろ(リア)からのデザインは、このようになっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2481

ちなみに、こちらは3列シートの標準モデルの後ろからのデザイン。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0269

後ろ姿をみただけでもプラス(+)のテールゲートが大きいのが分かりますよね。

そして、この新型モデルのテールゲートを開けてみると、このような感じ。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2473

一目見て、荷物の積み下ろしが絶対ラクと言うのが分かるくらい大きい
荷室開口部が登場。あまりのこのプラス(+)の荷室開口部の広さに
私は「おぉぉ~広いっ!」と、思わず言っちゃいました…。

そのくらい新型フリードプラス(Freed+)の荷室開口部は大きかったです。

低い荷室開口高にビックリ!

この大きく口をあけたようなデザインになっている新型フリードプラス(Freed+)ですが、
実際に見てスゴイと思ったのが、荷室フロアの位置が異様に低いこと。

ベースとなっている3列シートのホンダ新型フリード(Freed)の荷室開口高も
十分に低くいと思ったのですが、荷室の積載量・使い勝手の良さに重きを
置いたプラス(+)の荷室開口高はさらに低く、FF車で約330mm。

■新型フリードの荷室開口部

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0237

■新型フリード+の荷室開口部

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2692

このように荷室開口高を低くしたおかげで積載量も大幅にアップ。
このプラス(+)ですが、ゴルフバックの縦積みも可能のようです。

また、荷室開口部の間口が低いため、積み下ろしお際に必要以上に荷物を
持ち上げなくて良いのも超低床を採用したこのクルマの魅力の一つだと思いました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です