【標準車との違いは何?】フリードプラスの2列目ソファーシート徹底レビュー


%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1610

広い荷室・ラゲッジスペースが魅力的な5人乗り新型フリードプラス(Freed+)
フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

新しく発売されたこのプラス(Freed+)は、荷室・ラゲッジルームの広さや
使い勝手を重要視しているため、5人乗りモデルに…。また、後部座席には
ソファーシートを採用しているのですが、ベースとなっている3列シートの
新型フリード(Freed)の7人乗りモデルとは若干デザインや機能が異なります。

そんなプラス(+)の2列目シートはどのようなデザインは何なのか?
また、ベースとなっている新型フリード(Freed)との以外は、どこにあるのか?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリードプラス(Freed+)の
2列目シートを徹底的にレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

新型フリードプラスの2列目シートはどんなデザイン?

今回フルモデルチェンジをして、新発売された新型フリードプラス(Freed+)の
後部座席(2列目シート)は、このようなデザインになっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1561

今回私が見たのは、プラス(+)のハイブリッド車の最上位モデルの
“ハイブリッドEX”だったと言う事もあり、シート素材はメイン部分が
ファブリック、そして、サイドの部分に合成レザーのような肌触りを
しているプライムスムースのコンビシートを採用。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2301

車中泊や釣りやキャンプなどアウトドアで使用する趣味のクルマっぽさや
遊び心はあまり感じられませんでしたが、上質感もあり、飽きの来ない
デザインになっているように感じました。

また、シートカラーも全グレード通じて、ブラックのみ。

モカやべージュのカラーを採用して柔らかな温かみのある感じの
新型フリード(Freed)のシートと雰囲気が異なり、プラス(+)のシートは、
スタイリッシュでオシャレな感じになっているように感じました。

後部座席のスライドできるなど使い勝手も格段のアップ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリードプラスの
荷室・ラゲッジスペースは、機能面でも十分。

先代モデルの”フリードスパイク”では後部座席のスライド機能が
装備されていませんでしたが、今回新発売されたプラス(+)は、
後部座席のスライド機能をしっかりと装備。

実際にこのクルマの後部座席を前後にスライドすると、このような感じ。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2789

2列目シートを一番後ろまでスライドすると、足元空間(ニーリアランス)が
かなり広くなりますよね。また、このクルマの2列目ソファーシートは、
6対4分割方式を採用しており、左右独立して前後にシートをスライドする事が可能です。

後部座席のスライド機能などが装備されていなかった先代モデルの”スパイク”は
居住性や使い勝手など多少我慢をする必要がありました。しかし、今回フルモデル
チェンジをして新発売された新型フリードプラスは、後部座席の居住性・快適性が
大幅にアップ!

新発売された新型フリードプラスの2列目シートは、先代モデルに乗っている
ユーザーさんが羨ましがるような作りやデザインになっているように感じました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です