加速力はとっても軽快!?ホンダ新型フリードの試乗インプレッション


%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0649

ホンダのコンパクトミニバン新型フリード(Freed)が8年ぶりに
フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

外装・エクステリアはステップワゴンやフィット3にソックリで新鮮味が無い
新型フリード(Freed)ですが、乗り心地や運転のしやすさは大幅に改善!

>>> 新型フリードの乗り心地レビュー【先代モデルとの違いにビックリ!】

先代モデルの欠点・デメリットだったゴツゴツ感は無くなり、運転手だけでなく、
2列目&3列目シートに座る家族全員が満足できる乗り心地になっていました。

また、今回新発売されたホンダ新型フリードの注目ポイントの一つが、加速力&パワー。

先日、この新型モデルのガソリン車を試乗させてもらったのですが、
特に発進時の加速力の良さにはビックリしました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダ新型フリード(Freed)の
加速力の良かった事・残念だった事について、徹底的にレビューします。

スポンサーリンク

新型フリードの試乗インプレ:加速力レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダ新型フリード(Freed)は
ハイブリッド車とガソリン車の2つのパワートレーンが用意されていますが、
今回試乗をさせて貰ったのは、ガソリン車の方。

この新型モデルの運転席に乗り込み、試乗をスタート!

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0284

まずはハンドルの右側にあるプッシュ式のエンジンスタータースイッチを押して、
エンジンを作動。足踏み式のパーキングブレーキを解除して、シフトレバーを
ドライブにして、ディーラーさんの駐車場から出発!

ブレーキペダルから足を離すと、クリープ現象でノッソリと前に進み始めます。

この新型フリード(Freed)のクリープ現象はミニバンにしては、意外と力強い感じ。
これなら渋滞中や信号待ちなど少しクルマを進めたい時に十分活躍しそうです。

そして、ディーラーの駐車場出口から左折をして、比較的交通量の多い
広い一般道へ・・・。左折をしてグッとアクセルを踏み込むと、後ろから
押されるような感じで前にグッと加速していきます。

今回の試乗ではエンジンの出力を抑えるECONスイッチをオフにして運転を
したのですが、この発進加速の感じが予想以上にパワフル!

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0074

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダ新型フリード(Freed)の
ガソリン車に搭載されているエンジンは、ホンダの人気コンパクトカー
“フィット3(FIT3)”に搭載されているのと同じ1496ccのL15B型エンジン。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダ新型フリード(Freed)の
ガソリン車(6人乗り/G ホンダセンシングFF車)の車体重量は1,350kgとなっており、
同じエンジンを積んでいるフィット3の15XLグレードよりも約300kgも重たくなっています。

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%883%e7%94%bb%e5%83%8f0001

なので、このようにホンダ新型フリード(Freed)は車体重量があるので、
発進加速時にもっさり感や車体重量を感じるのかなと思っていたのですが、
実際運転してみると車体の重さを全く感じない走りになっていました。

思わず発進直後に、「今回の新型フリードは、ミニバンっぽくない加速を
しますね~」
と、言ってしまいました。そのくらいこの新型モデルの加速は快適。

この新型モデルのミニバンらしからぬ加速力・軽快さには、大満足でした。

CVT車特有の”あと追い感”も無し

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリード(Freed)の
ガソリン車は、無変則オートマチックのCVT車を採用しています。

CVT車といえば、アクセルを踏み込んでもエンジンの回転数があがるだけで、
スピードが追いついてこない”ラバーバンドフィール(あと追い感)”が欠点・
デメリットとして良く言われています。

しかし、今回新発売された新型フリードは、このラバーバンドフィールがかなり小さい。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0605

時々アクセルの踏み具合によっては、エンジン音と加速感のタイムラグは
あったものの、以前試乗したフィット3(FIT3)のガソリン車よりも格段に
エンジン音と加速感のギャップは無くなっていました。

このCVT車特有の”ラバーバンドフィール(あと追い感)”が少ない事も
とても気持ちよく運転ができる理由の一つかなと思いました。

高速域までダレル事なく加速力が伸びていく感じが好印象

ボディの重さを感じさせない軽快な加速力が魅力の新型フリードですが、
高速域までしっかりと加速していく感じも良かったです。

発進時の加速力は良くてもクルマによっては加速感がだれる感じのも
あるのですが、今回新発売されたホンダ新型フリード(Freed)は、中速域・
高速域までス~~っと気持ち良く伸びやかに加速をしていってくれます。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0035

今回の試乗では一般道を運転していたので時速60kmちょっとまでしか
加速することができませんでしたが、まだまだ加速力に余裕がある感じの走り。

ダレルこと無く加速していく感じはとっても気持ちが良いので、
高速道路など長距離運転にも向いているのかなと感じました。

新型フリードのガソリン車にはパドルシフトの装備が無し

このように加速力は予想以上に良かったホンダ新型フリード(Freed)ですが、
実際にこのクルマを運転してみて少し残念に感じたのが、パドルシフトが
用意されていなかった事。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0077

実際にこの新型モデルを運転してみると加速力も良く、ミニバンの中では
比較的とキビキビとしたスポーティーな乗り心地になっていたので、
パドルシフトが用意されていても良かったのかなと感じました。

もし新型フリード(Freed)のガソリン車は走破性・加速力が良かっただけに、
パドルシフトを装備したら、さらに満足度の高いクルマになったのかなと思いました。
実際に試乗して見て、この点が少々残念でした。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0005

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリード(Freed)の
ガソリン車を試乗してみたのですが、加速力は正直に言ってかなり良かったです。

もっさり感や車体の重さを感じることなく発進時からとてもスムーズに
加速していく感じは、とっても快適でした。今回フルモデルチェンジをした
新型フリード(Freed)は、運転を楽しみたい人にとってもとても良いクルマに
なっているように感じました。

この新型モデルの軽快な加速力は競合車・ライバル車には無いメリットの
一つなので、是非とも試乗する際は、しっかりと確認してみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です