新型フリードの3列目シート画像インプレ【広さ&座り心地はどうだった?】


%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0668

2016年9月、8年ぶりにホンダ新型フリード(Freed)がフルモデルチェンジをして、
新発売されましたね。

今回新発売されたこの新型モデルは、内装・インテリアの質感が大幅にアップ!
満足度の高い上品なインパネになっているように感じました。

>>> 先代よりも質感が良くなった新型フリードの内装を画像で徹底チェック

また、フルモデルチェンジをして新発売されたホンダ新型フリード(Freed)の
注目ポイントの一つが、内装・インテリアの広さ。現行モデルは先代モデルと
比較して、シート間距離が90mmも拡大したそうです。

そのおかげもあり、この新型モデルの3列目シートも思ったよりも快適!

コンパクトミニバンの3列目シートと言うと、補助席と言った印象がありますが、
この新型フリード(Freed)の3列目は、思ったよりもしっかりとした作りになっていました。

先日、ホンダ新型フリード(Freed)を試乗した際、座り心地や足元空間など
3列目シートまわりもしっかりとチェックしてきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型フリードの3列目シート画像インプレ:デザイン編

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダ新型フリード(Freed)の
3列目シートは、このようになっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0464

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0307

今回私が見たモデルは、モカの内装色をしたガソリン車の”G ホンダセンシング”。
この画像ではグレーっぽいシートカラーになっていますが、実際に見てみると
もう少し茶色がかっていました。

また、標準装備されているシートは全面ファブリック素材だったのですが、
メーカーオプションのSパッケージを注文すると、サイドの部分にプライム
スムースを配したコンビシートになります。

■ファブリック×プライムスムースのコンビシートを採用した3列目

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0909

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2418

プライムスムースを採用したコンビシートを採用すると、かなりオシャレ!

実際に全面ファブリックの標準装備のシートと比較してみると、シートの
サイドの部分に合成レザーのようなプライムスムースを採用している
Sパッケージのシートの方が引き締まった印象があるように感じました。

新型フリードの3列目シートはリクライニングできる?

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダ新型フリード(Freed)の
3列目シートですが、しっかりとリクライニング機能も装備されていました。

実際にリクライニングしてみると、このような感じ。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1982

ディーラーさんに確認したところ、新型フリード(Freed)の3列目シートの
リクライニング幅は8段階。

3列目シートを使用すると、その後方にあるスペース(荷室)が狭くなってしまうので、
背もたれをフルフラットにするまでリクライニングする事はできません。ただ、
これだけリクライニングできれば、十分ですよね。

リクライニングするレバーがシートの背もたれの付け根のところにあり、
レバー操作がしにくいのが若干難点ですが、リクライニング幅は大きい
新型フリード(Freed)の3列目シートは、好印象でした。  

3列目シートの足元空間をチェック

今回新発売された新型フリード(Freed)のようなコンパクトミニバンの
3列目シートに座るとなると、足元空間が気になりますよね。

やはりステップワゴンやヴォクシー/セレナなど一回り大きいボックス型の
Mクラスミニバンと比較すると、3列目シートの足元空間は狭め…。

ホンダ新型フリード(Freed)の2列目シートを一番後ろにスライドすると、
このようにほとんど足元空間は無くなってしまいます。

■2列目シート最後端時の3列目シートの足元空間

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0500

このように2列目シートを一番後ろにスライドすろと、さすがに3列目シートに
座る事は、ちょっと難しい感じ…。

ただ、2列目シートを一番後ろから10㎝程度前にすると、3列目シートの
足元空間が広くなり、窮屈感がかなり和らぎます。小さい子供ならこれでも
十分に快適に過ごせるのかなと思いました。

ちなみに、ホンダ新型フリードの2列目シートを一番前にスライドした時の
3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、このような感じ。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0493

一番前にスライドすると、今度は2列目シートの足元空間が狭くなってしまい
2列目シートに座れなくなってしまので現実的ではないのですが、この足元空間の
広さは十分ですよね。

この新型モデルの2列目シートはこのようにスライド幅が大きいため、
シチュエーションによって3列目シートの足元空間の幅を調整する事が可能です。
このアレンジ性の良さは、この新型フリード(Freed)のメリットの一つかなと思いました。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です